ダックスフント

(以前、この写真の子と同じロングヘアーのダックスフントを2頭飼っていました。レッドと、ブルーダップルという、とても珍しい毛色の子でした。)

 

『おやすみ、リリー』のモニターに当選し、刊行に先駆けて読者になる機会をいただきました。ハーパーコリンズ・ジャパンさんに感謝いたします!

 

おやすみ、リリー

 

おやすみ、リリー』 

スティーヴン・ローリー:著 越前敏弥:訳

 

 ハーパーコリンズ・ジャパンより2017年4月刊行(画像はハーパーコリンズ・ジャパンの特設サイトからお借りしました。)

 本作を知ったのは、原書をGoodreadsで見て、読んでみたいなと思ったのがきっかけでした。

 

 

Lily and the Octopus by Steven Rowley

 

 Goodreadsの"Choice Awards 2016"のフィクション部門にノミネートされていて、表紙のダックスフントのイラストに(犬好きなら当然?)目がいきました。そのときは、この作品が日本語で、しかも越前敏弥先生の訳で読めるなんて思いもしませんでした。「愛犬の死」というテーマと、Goodreadsで星5つつけていた方のレビューの「泣くってわかってた!」というコメントを見て、「読んだら泣く」予感はしていたのですが……。結局、まんまと泣いてしまいました。泣いたなんてものじゃない。号泣でした。本を読んで泣くことはままあるのですが、ここまで泣くことはめったにない、というくらい。わたしが愛犬家で、足元にはすやすやと寝息をたてているわんこがいて、いままでに何度も、身近な人や愛犬との悲しい別れを経験している、とくれば泣いて当然かもしれません。

 でも、これほどまでに泣いた理由はそれだけではありません。それは、この作品の、最初の一行から最後の一行にまで、愛があふれているから。心が温かく、元気になる愛もあれば、複雑で、素直に表せない愛、悲しい愛……。いろんな愛が、いろんなエピソードのなかにこめられています。そんな愛に触れたからこそ、泣けてきたのだと思います。

 つらい場面でも涙しましたが、泣くのって、悲しいときだけじゃないんですよね。わたしが最初にじわっときたのは、主人公テッドがリリーと最初に出会った、幸せいっぱいの場面(そこはハーパーコリンズ・ジャパンの特設サイトで試し読みができます)でした。リリーがテッドにはじめて「言った」言葉に無垢な愛を感じ、もうそれだけでじーんと、温かいものがこみあげてきました。そう、わんこってそうなのよ!と。

 出だしでうるっときて、「これは覚悟して読まないと、たいへんなことになる」と気合い(?)を入れたのですが、そのあとも涙腺が刺激されっぱなしで、どうにもなりませんでした。読み終わったいまは、『おやすみ、リリー』というタイトルだけで、目がうるんでしまうほど。このタイトルにも、大きな意味がありました。

 

 とはいえ、この作品はただのお涙頂戴ストーリーではありません。ユーモアや、ファンタジーのテイストもふんだんに盛りこまれています。アメリカ・ロサンゼルスに住んでいる主人公テッドは、セラピーに通っており、なんとなくアメリカのストレスフルな都会人、という雰囲気が漂います(テッドの場合、セラピーに通う理由は、都会のストレスだけではないのですが)。セラピストのジェニーに対するテッドの態度が滑稽なほど辛辣で、毎回笑ってしまいました。

 タコ(リリーの頭にできた腫瘍)が妙に哲学的なのもユーモラス。タコは敵なので、共感はできませんが、とても魅力的なキャラクターでした。そのタコをリリーの頭から追い出すべく、テッドはあらゆる「非現実的」な作戦を繰り出します。わらにもすがりたいテッドの気持ちが伝わってきて、おかしいやら、悲しいやら、せつないやら……(気持ちはわかるよ、テッド)。『白鯨』よろしく海に出て、タコと死闘を繰り広げるくだりがあるのですが、そこは手に汗握る冒険物語といってもいいくらい。こうした一風変わったマジックリアリズムな趣向も、この作品独特の味わいだと思います。愛犬家に限らず、読書を愛するすべての方におすすめしたい作品です。

 

 泣くことがストレス発散、なんていう話もありますが、いい涙を流すことは、悪いことじゃない。わたしの好きなガンダルフもこう言っています。

「わしはいわぬ、泣くなとはな。 全ての涙が悪しきものではないからじゃ」

(『指輪物語 王の帰還』 J.R.R.トールキン:著 瀬田貞二・田中明子:訳 評論社)

荒野 

(渇いてますね……。)

 

 数日前に読んだ"Silent Child"はほぼ一気読みでしたが、こちらも面白かった!数日で読み切ってしまいました。オーストラリアを舞台とした、クライムサスペンスです。

 

The Dry by Jane Harper

 

 連邦捜査官のアーロン・フォークは、少年時代の親友ルークが亡くなったという知らせを受け、20年ぶりに故郷に戻る。ルークだけでなく、ルークの妻と幼い息子までもが亡くなっていた。再び故郷の土を踏んだアーロンの胸に、苦い記憶がよみがる。20年前、アーロンはこの町で起こったある事件の犯人として疑われたのだった。その過去の事件と、ルークの死の謎に、否応なく巻きこまれていくアーロン。焼けるような暑さと渇いた空気が、アーロンの思考を阻む……。

 

 プロットと伏線の張り方が絶妙で、完成度の高い作品でした。これがデビュー作というのはおどろきです。関係なさそうに見えるエピソードが、実は大きな意味を持つ。ミステリーにはよくある設定ですが、さりげなく、かつきちんと、推理に必要な事実が提示されています。読者に対する、作者のフェアな姿勢がうかがえます。謎解き部分で「あれって、これの伏線だったのね!」とわかったときは爽快感をおぼえました。

 主人公アーロンのキャラクターもよかった。連邦捜査官ですが、主に「お金」がらみの事件を担当しているようで、タフガイという雰囲気ではありません。といって、クールというわけでもない。強さよりも、やさしさ、誠実さが前に出ている、そんな人物です。捜査中も、結構ひどい目にあうのですが、感情をあらわにすることはほとんどなく、淡々と捜査を進めていきます。作中、アーロンの性格が「安定している(stable)」と表現されていましたが、まさにそうだと思いました。

 ただ、過去の事件のこともあり、他人に心をさらけ出せない、そんな暗い一面もあり、明るくわかりやすい主人公が好きな読者なら、ちょっといらいらするかも? アーロンの相棒となるラコというキャラクターもいい味だしています。人物を見抜く目を持っているようで、アーロンを信用に足りる人物と瞬時に判断し、友情を築いていきます。そんなふたりが、なかなか見抜けなかった真犯人。わたしは完全にノーマークでした……。作者に完敗!です。

 

 "The Dry"というタイトル通り、町も人も渇ききり、むき出しになる欲望や感情。この「干ばつ」という自然災害はストーリーに彩を添えているだけでなく、クライマックスで重要な意味を持ちます。こういう舞台設定のうまさも、評価が高いポイントではないかと思いました。

 

 

 本作の翻訳版が出版されました!

 

渇きと偽り

 

渇きと偽り 

ジェイン・ハーパー:著 青木創:訳

出版社の作品紹介ページ→早川書房

模型の家

 

 原書を読みかけて、あまりの長さに挫折したこちらの作品、翻訳書で読了しました。

 

すべての見えない光

 

 最後のページを読み終わったとき、こう思いました。わたしは本を読むとき、物語のなかに「救い」を求めているのかなと。少なくとも、フィクションを読むときは、そこになにがしかの「救い」を感じることができれば、いい読書だったな、と振り返ることができる気がします。そしてこの作品もそうでした。戦争。早く大人にならざるを得なかった子どもたち。善人が善人のままでいられない時代。登場するすべての人物が、痛みとつらさを味わっています。その状況で、少女と少年が出会ったこと、少女が少年に助けられたこと、少年が少女を助けることができたこと、そのひとつひとつのエピソードが救いでした。とてつもなく悲しいけれど、ただ悲しいだけではない。ハッピーエンドではないけれど、主人公や登場人物たちが前を向いて終わる。わたしはそんな物語が好きです。

 

 これだけの長編なのに、無駄だと思える文章が一文もないのには驚きました。訳者の藤井光さんがあとがきで語られていますが、ひじょうに「磨きこまれた」作品です。執筆に十年を要したといいますが、言葉、文章、章立てのどれをとっても、作者のまなざしが行き届いている。物語には「炎の海」と呼ばれるダイヤモンドが登場しますが、ダイヤモンドの原石を切り出して、最も美しく見えるカットに仕上げるように、この作品も書かれた、そんな印象です。

 原書を読み切ることはできなかったのですが、翻訳書を読んでみて、原文の良さを余すところなく表現した、磨きに磨いた訳文だと感じました。原書、翻訳書ともに名作だと思います。

 Goodreadsで評判のよさそうだったこちらを読了しました。

 

Silent Child  by Sarah A. Denzil

 

 いわゆる「サイコ・スリラー」ものです。サイコ・スリラーといえば、『ゴーン・ガール』や『ガール・オン・ザ・トレイン』のイメージですが、こちらもやはり女性が主人公(『ゴーン・ガール』は夫婦)です。イギリス・アマゾンの"Crime、Thriller and Mystery"カテゴリーでは、ベストセラーリストのトップにあがっているということで、期待して読んでみました。

 

 主人公のエマは10代で母親となり、生まれた息子エイデンと、夫ロブと幸せに暮らしていた。だがエイデンが6歳のとき、エイデンが行方不明に。それから10年後、つらい日々を乗り越え、離婚、再婚を経て、エマは新たな人生を歩んでいた。出産を間近に控えた彼女のもとに、驚愕の知らせが入る。エイデンが見つかったというのだ。駆けつけたエマが見たのは、16歳になった息子の姿だった……。

 

 タイトルに"Silent Child"とありますが、10年ぶりに再会したエイデンは言葉を失っていた、という設定です。率直に「よくできたサイコ・スリラー」という印象を受けました。まず、舞台背景やキャラクター設定が明確で、登場人物の人数も多すぎるということもなく(翻訳ものにありがちな、この人だれだっけ?ということもなく)、すんなり読めました。

 読みやすいというのもよかったのですが、何といってもこの作品のおすすめポイントは、肝となる「ひねり」の巧みさです。思わず「おおっ」と声が出たくらい。話が7〜8割くらい来たところで、真相に迫る山場が設けられているのですが、そこで1回ひねりがあって、さらにもう1回、そして最後にもう1回ひねってくるという、隙のない展開です。最初のひねりは、そこまでの流れで「やっぱりこいつが犯人か〜」と落ち着きそうになるのですが、そう話は簡単に終わらないよと。

 その山場に来るまでの「煽り」(エマの感情の動きとか、エイデンの行動描写とか)も、これでもかというくらい緻密に描かれています。中間部の展開がやや遅い・重たい感じも受けましたが、終盤のテンポアップを際立たせるためのじらしと考えると効果はあったと思います。わたしはまんまと引っかかり、ギアチェンジしてからは怒涛の一気読みでした。

 

 マイナス点をあげるとすると、エマの人生が盛りだくさんすぎる点? 子供だけでなく、その直後に両親まで亡くし(両親についてはひねりに絡んでくるわけなのですが)、やっと立ち直って、再婚して、もうすぐ出産、というときに、死んだと思った子どもが現れて、身重の体でものすごいストレスにさらされるという……。最後なんて、陣痛が始まった体で格闘し、走り回ってるんですよ!? ちょっと無理があるような……。母は強しなのか?

 それと、真相に関わる重要な人物の影が薄かった点も気になりました。犯人が中盤以降にやっと出てくる(厳密には登場したとは言いづらい形で)人物で、キャラクターや内面描写がほとんどされておらず、ちょっとインパクトが弱かった。あと、個人的に読んでいて一番「感じ悪い」と感じた人物が、最後のひねりのところで一応の制裁を受けるのですが、いまいち釈然としない感も残りました(わたしはもうちょっと別の解決方法もあるんじゃないかと感じました)。

 

 余談ですが、暴力シーン(ほとんどなく、終盤に突然出てくる)が結構生々しかったのも印象的でした。エグイとかではなく、冷静に淡々と描写されているので、かえって怖かった……。まあ、それだけ作者の描写力が優れているという証拠なんでしょう。これが女性作家ならではなのかはわかりませんが、いままで読んだ女性作家のミステリーには、少なからず同じ傾向が見られたように思います。

 

川と町

(なんとなく、作品の舞台の雰囲気に似ていると感じました。)

孤島

 

 昨日、日本翻訳大賞に作品を推薦させていただきました。残念ながら、時間がなくて1作品しか推薦できませんでしたが……。

 サイトに掲載されている推薦文を読んでいると、みなさんうまくまとめていらっしゃる。とても参考になりました。

 そのなかで気になった作品があったので、図書館で借りて読んだのですが、手元に置きたくなったので購入しました。

 

Atlas of remote islands

 

奇妙な孤島の物語 私が行ったことのない、生涯行くこともないだろう50の島

ユーディット・シャランスキー:著 鈴木仁子:訳

出版社の作品紹介ページ→河出書房新社

 

 世界の「孤島」を紹介する本なのですが、写真は一切ありません。シンプルなイラストで描かれた島の地図に、短いエピソードやエッセイが添えられています。一見そっけない感じですが、それがかえって想像力をかきたてるので不思議です。子どもの頃、世界地図を見てわくわくしたことを思いだします。

 この本、とにかく翻訳がすばらしいんです。

 ノンフィクションの翻訳を担当してみてわかったのですが、「説明文」を「説明調」になりすぎずに訳すのは、本当に難しい。愕然としました。読者にまわりくどい、もたもたした、読みづらい印象を与えない文になるよう意識しているつもりなのに、なかなかうまくいかない。考え過ぎてよけいに「ややこしい」文章になってしまったり。

 この『奇妙な孤島の物語』の翻訳は、一言でいえば、美しいのです。原文を損ねることなく、かつ、流れるような日本語になっています。そんな翻訳ができるようになるためには、たくさん良質の文章(原書と翻訳の両方)に触れ、自分のものになるよう吸収していくしかない。この本は、まさにお手本になると思います。素敵な本と出会えました。

初日の出

 

 年明け早々、おもしろい本を読みました。

 

奇妙という名の五人兄妹

◆『奇妙という名の五人兄妹

アンドリュー・カウフマン:著 田内志文:訳

出版社の作品紹介ページ→東京創元社

 

 以前、同じ作者の作品(『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』)を読んだのですが、そちらも相当「奇妙」なお話でした。

 読み始めたときは、???という感じだったのですが、いつの間にか話に引きこまれていました。こういうシュールな作品はたぶん、いろいろな読み方があって、深読みしようと思えばいくらでもできるし、それはそれで面白いのですが、あまり難しく考えずに、ただ「不思議なお話だなぁ」と思って読むと、それだけで感じるものがある、そんな気がします。

 

 このお話では、両親の愛にあまり恵まれておらず、兄妹の仲もよいとはいえない五人の兄妹が、かなり強烈なキャラクターの祖母から、それぞれ「力」を授かります。ですが、恩寵となるはずのその「力」によって、反対に苦しい人生を送るはめになります。

この「力」から解放される方法がひとつだけある。それを知った五人が結集し、珍道中を繰り広げる、といったストーリーです。

 珍道中、という表現がふさわしいかどうかわかりませんが、わたしはかなり笑えました。作者のユーモアのセンス(そして、訳者・田内志文さんの絶妙な表現)と合うんでしょうか?

 

 テーマは「苦しみからの解放」という結構重くて暗いものなのですが、それを明るく表現するというのは、作者の筆力でしょうし、すごいことだなと思います。とにかく全編「普通じゃない」感じなのですが、それなのにすんなり読めてしまったのは、その奥に「ものすごく普遍的なこと」が書かれているからなんだと思います。親子、兄妹、夫婦と、いろんな家族の形が描かれているのですが、それがうまくいくのも、こじれてしまうのも、原因は同じ。平たく言えば、「愛」なんでしょう。

 愛があるか、ないか。愛がある(ありすぎる)せいで、うまくいかない場合もある。

 なんだか、物事ってとても逆説的だなと、この作品を読んで感じました。五人が授かった力にしても、祝福であるべきなのに、実際「呪い」になってしまっているし。

 

 この作品のいいところは、力から解放されたらそれで終わりじゃなく、そのあとも、ひと悶着あるところです。最後がなんともいえない。これでいいの? でも、これでいいんだ、と思わせてくれました。

 年の初めにこんなおもしろい本が読めて、今年はいいスタートが切れました!

 注文していた本が届きました。

 スウェーデンのイラストレーターMajaさんの手による動物のイラストブックです。

 

The Illustrated Compendium of Amazing Animal Facts

 

animalfacts

 

 100種類を超えるさまざまな動物のイラストと、それぞれの動物についてのコメント(ラッコは手をつないで眠る、シマウマの縞模様は実は「黒地に白のストライプ」など、知らなかったこともたくさんありました)が添えられています。ネットで偶然見つけて、ひとめぼれした本です。

 Majaさんのイラストは、シュールかつ繊細で、不思議な雰囲気とほっこり感がわたしのツボでした。

 どの動物のイラストもかわいいのですが、個人的には爐め瓩気に入りました(わが家には、わんこ以外にクサガメちゃんがいるので)。

 こちらで本の中身も公開されています!

MajaさんのInstagram

 

 Majaさんのウェブサイトも、とってもかわいい。

MAJASBOK

 

 ネットショップもあって、作品を購入することもできます。イラスト、絵葉書、トートバッグなどなど、どれも素敵。わたしは本を別ルートで購入したのですが、Majaさんのショップで購入すると、サイン&かわいいラッピングつきだそうです。

ストックホルムに、実店舗もオープンするとか(行きたい!)。

 

 普段は文庫本やペーパーバックなどの小説を買うことが多いのですが、ビジュアルブックは持ってるだけで楽しいですね。

動物好きな方へのプレゼントにもぴったりの本だと思います。

 友人への、クリスマスプレゼントにしようかな。

たそがれの空

 

 今年に入って読んだなかで、いまのところ、一番「読んでよかった」と思った作品がこちら。

 

 

A man called Ove by Fredrik Backman

英語版出版社へのリンク→Simon and Schuster

 

翻訳書が出るだろうと期待していましたが、出版されたようです!

 

幸せなひとりぼっち

 

『幸せなひとりぼっち』

フレドリック・バックマン:著 坂本あおい:訳

 

 原書はスウェーデン語です。主人公のオーヴェは、妻に先立たれ、一人暮らしをしている、いわゆる頑固じいさん。言葉も態度も、決してやさしいとはいえないオーヴェのまわりに、なぜか人が集まってきて……という、笑いあり涙ありの心温まるお話です。(ラスト、泣けました……。)

 

 本国スウェーデンだけでなく、New York Timesのベストセラーリスト(ペーパーバック部門など)にも長期にわたってランクインしています。

 このヒットを受けてスウェーデンで映画化されたのですが(そして映画も大ヒット)、それがついに日本にもやってきます!

(邦題は『幸せなひとりぼっち』と、原題からかなりアレンジされた模様。)

 

 田舎県に在住なので、近くの映画館ではまず上映されません。都会に行ったときに(というかこれを観に行く目的で遠征して)ぜひ観なければ!

→結局、映画館には行けず、ネット配信で観ました。オーヴェもほかの登場人物も原作のイメージ通りで、とても楽しめました。

 

 

 これによく似た作品も、ひとつ読了しました。

 

The Curious Charms of Arthur Pepper by Phaedra Patrick

 

 本を紹介したオフィシャルムービー。

 

 主人公のアーサーは、オーヴェと同じく、妻を亡くしています。こちらも、いささか気難しいおじいちゃんです。

 オーヴェのほうは、近所が舞台なのですが、アーサーはイギリスからフランス、インドまで、世界を股にかけた大冒険をします。アーサーが亡くなった妻の遺品整理をしていると、美しい8つのチャーム(表紙にもあります)のついたブレスレットが見つかります。そしてこのチャームひとつひとつに、知られざる妻の過去が隠されていた、というなかなかドラマティックな展開です。

 御年70歳のアーサーが大奮闘する様子は、読んでいて楽しくもあり、せつなくもあり……。

 

 でもやっぱり、オーヴェのほうが「ジーンときた感」がありました。

 映画も公開されることだし、A man called Ove、もう一度読み返そうと思います。


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Dog & Animal Books

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
The Darkest Thread
The Lost Words
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
Hunting Hour
Death by Chocolate Lab
The Snow Child
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century
The Wild Robot Escapes
  
The Poet's Dog