本棚

 

 第三回日本翻訳大賞の、推薦締め切りが迫っています(なんと今日の23:59まで!)。

 ウェブサイトに掲載されている推薦文を見て、わくわくしたり、積読本を増やしたり、とのんびり楽しんでいるうちに、締め切り日になっていました・・・

 自分の読書記録を見たら、去年はこの賞の推薦対象となる翻訳書(2015年12月1日〜2016年12月末)は結構読んでいると思っていたのですが、わりと刊行年が古めの本に手をのばしていたりで、意外に少ない。

 そのなかでも、全力で推薦したいと思える本が、こちらでした。

 

奇妙という名の五人兄妹

アンドリュー・カウフマン:著 田内志文:訳

 お正月に読んだのに、「今年一番読んでよかったと思える本」になりそうな勢いです。

 推薦文を考えていたら、思わぬ時間をとってしまい……先に仕事しよう。二冊まで推薦できるので、もう一冊はどうしようか思案中。夜までに決まるのか?

 

 いつも書影をお借りしている「版元ドットコム」さんに、『奇妙という名の五人兄妹』の書影がないので、同じ作者・訳者のこちらを……

 

銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件

 

(こちらはレモンイエローで、『奇妙と〜』のほうは、エメラルドグリーン一色。こういう潔い表紙も好きです。)

タイピング

 

 昨日が、本年の仕事始めでした(一日二日も、訳文を見たりはしていましたが……)。

 昨年末に思いがけずご依頼いただいた出版翻訳のお仕事、いまのところ、計画通りに訳せています。元旦、二日と休んだブランクがちょっときいているので・・・明日あたりからペースに乗りたいところです。

 出版翻訳の勉強を始めて3年、ようやく自分の翻訳スピードがわかってきたような? といっても、ジャンルにもよりますし、調べ物が増えるとそのぶんスピードも落ちます。

 今回のお仕事は、翻訳ものの「鬼門」ともいえる「なじみのない名前・地名」が頻出するので、そういうのが続くページは必然的に訳すスピードも落ちる。

「翻訳は半分が調べ物だ」というのもよく聞く話ですが……半分以上、調べ物になってる気がします。

 

 そんななか、お正月休みのお楽しみだった、奇妙という名の五人兄妹を読了。予想を裏切らない面白さで、一気読みしてしまいました!

 このお話では、五人の兄妹(両親の愛にあまり恵まれておらず、兄妹の仲もよいとはいえない)が祖母(これまた強烈なキャラクター)から、それぞれ「力」を授かるのですが、恩寵となるはずのその「力」によって、反対に苦しい人生を送るはめになり……

でも、この「力」から解放される方法がひとつだけある。それを知った五人が結集し、珍道中を繰り広げる、といったストーリーです。

 珍道中、という表現がふさわしいかどうかわかりませんが、わたしはかなり笑えました。作者のユーモアのセンス(そして、訳者・田内志文さんの絶妙な表現)と合うんでしょうか?

 

 テーマとしては、「苦しみからの解放」といった重くて暗いものなのですが、それを明るく表現していて、楽しく読める。でも、ちゃんと暗さも感じられる。作者の筆力でしょうし、すごいことだなと思います。

 あと、とにかく全編「普通じゃない」感じなのですが、それなのにすんなり読めてしまったのは、その奥に「ものすごく普遍的なこと」が書かれているからなんだと思います。親子、兄妹、夫婦と、いろんな家族の形が描かれているのですが、それがうまくいくのも、こじれてしまうのも、原因は同じ。平たく言えば、「愛」なんでしょう。

 愛があるか、ないか。愛がある(ありすぎる)せいで、うまくいかない場合もある。

 なんだか、物事ってとても逆説的だなと、この作品を読んで感じました。五人が授かった力にしても、祝福であるべきなのに、実際「呪い」になってしまっているし。

 

 この作品のいいところは、力から解放されたらそれで終わりじゃなく、そのあとも、ひと悶着あるところです。最後がなんともいえない。これでいいの? でも、これでいいんだ、と思わせてくれました。

 年の初めに、こんなに面白い作品が読めて、大満足です!

初日の出

 

 あけましておめでとうございます。

 2017年は、おだやかな年明けになりました。

 初詣のおみくじは「大吉」でした!

 

 2017年の「読み初め」は、通い猫アルフィーのはつ恋でした。

 前作、『通い猫アルフィーの奇跡』も素敵なお話でしたが、主人公猫アルフィーの「幸せ猫度」がさらにパワーアップしていて、ほっこり幸せな気持ちになりました。今年の読書生活のスタートに、ぴったりの一冊でした。

 

 今日までを「正月休み」としているので、午後はまた新しい本に手をつける予定です。

 それがこちらの作品。

 

奇妙という名の五人兄妹

アンドリュー・カウフマン:著 田内志文:訳

出版社の作品紹介ページ→東京創元社

 

 以前、同じ作者の作品(『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』)を読んだのですが、そちらも相当「奇妙」なお話でした。

 読み始めたときは、???という感じだったのですが、いつの間にか話に引きこまれていました。こういうシュールな作品はたぶん、いろいろな読み方があって、深読みしようと思えばいくらでもできるし、それはそれで面白いのですが、あまり難しく考えずに、ただ「不思議なお話だなぁ」と思って読むと、それだけで感じるものがある、そんな気がします。

『奇妙という名の五人兄妹』も、どんな不思議と出会えるのか、読むのが楽しみです。

 

 今年の目標というほどでもないですが、今年もたくさん本を読んで、月に一冊はリーディング作業(原書を読んでレジュメを書く)をしたいと思います。

 翻訳書ばかりではなく、和書をもっと読んで、「自然な日本語」の引き出しを増やしていかなければ……

 あとは、気になったこと、興味を持ったことにはチャレンジする。

 人生先は長いといっても、その「興味」はそのときのものというか、「興味を持ったとき」が、やるにはいちばんいいときなんだろうし、やってみて、合わないと思えばやめればいいだけなので。

 去年は、「あれこれ手をつけるのはよくない。どれも中途半端になる」と自分でもよく言っていたのですが、手をつけたいものには、つけてしまえばいいのかな、という気がしてきました。

 まあ、予算と時間(たいがい、地元ではできないことが多いので、移動の費用と時間も計算に入れねば・・・)の許す範囲で、でもタイミングを逃さずにやっていくつもりです。

 

 参加できなくて残念だった、「はじめての海外文学スペシャル」の動画が、ついに公開されました!

 こういう形でイベントの(ほぼ)すべてを動画で公開していただけるのは、ひじょうにありがたいことです(感涙)わたしのような地方在住の者にとっては、東京でのイベントはもろもろ(おもに交通費など)敷居が高いのです……

 

 ということで、動画ですが、仕事の前に観はじめたら・・・だめだ、仕事にならない。翻訳家の先生方が、自分の推薦する海外文学作品について語る(しかも時間制限ありで!)、なんて機会、まずないですから。

 あの先生やこの先生が、制限時間のプレッシャーに押されつつも、熱く語ってくださっています。

 全部で1時間半近くあるので、これは年明けにでも、ゆっくり観ないともったいない!

 

「はじめての海外文学vol.2」で紹介されていた本を、昨日から読んでいます。

 

通い猫アルフィーの奇跡

レイチェル・ウェルズ:著 中西和美:訳

出版社の作品紹介ページ→ハーパーコリンズ

 

 こちら、サラ・パレツキーの「ウォーショースキー・シリーズ」などの翻訳で知られる、山本やよい先生推薦の作品です。

 わたしは犬派ですが、この作品の主人公(猫)アルフィーには、ほんとうに癒されます。アルフィー、うちにも通ってきてほしい。

この作品のいちばん素敵なところは、「読みながら、幸せな気分になれる」ことだと思います。まだ途中までしか読んでいませんが、すでに「幸せな気分」になっていますから。

 続編の通い猫アルフィーのはつ恋も、続けて読むつもりです。

 おかげで、いい年越しになりそう・・・

 

猫と犬

 

 これまで家族に迎えた犬は、のべ10頭を超えました。猫のほうは、1匹だけ。もう、完全犬派ですね。

 このあいだ、久しぶりに猫をさわったのですが、なで方が間違っていたようで(わたしのは、犬をなでるやり方だったようです)、「シャー!」と怒られました……

クリスマスの星

 

 先日、勉強仲間に教えてもらった「クリスマスをテーマとする本」を読みました。

 

ベツレヘムの星

著:アガサ・クリスティ 訳:中村能三

出版社の作品紹介ページ→早川書房

 

 アガサ・クリスティといえばミステリーですが、クリスマスのお話も書いていたんですね。クリスティの作品はほとんど読んでいましたが、これは未読でした。

 物語と詩がまとめられた短編集です。ストーリーテラーとして名高いクリスティだけあって、短編でもしっかり読ませてくれます。

 本のタイトルにもなっている「ベツレヘムの星」が一番好きです。物語の最後に「ひねり」が効いていて、そこもさすがクリスティ。読者の心を、ひそやかに、でも確実についてきます。

 でも決してひねくれすぎているわけではなく、やさしさやユーモアも感じられて、読後感はむしろすっきりさわやかでした(詩については、キリスト教の知識がないと、深いところまで理解するのは難しい・・・という印象)。

 

 もう一冊、勉強仲間おすすめのクリスマス本(そちらはミステリー)を図書館で借りているので、クリスマスは終わってしまいましたが、お仕事の合間に、寝る前のお楽しみに、読んでいこうと思います。

犬と本

 

 

 読みはじめた本は、できるだけ最後まで読むように心がけているのですが(せっかく出会えた本なので)、どうしても読みあぐねてしまう本もあります。

 文庫本のミステリーなどは、それでも半分意地で読んだりしますが(そうすると、ラストが案外面白かったりして)、長編となると、そう簡単にはいきません。

 ぼちぼちと読み進めていた『ゴールドフィンチ』、久しぶりに「読み通せない本」になってしまいました・・・(涙)3巻の最初で、すっかり手が止まってしまいました。

 

 全4巻と、文句なしに長い作品ですが、読みあぐねたのは長さのせいだけではないと自己分析しています。

 なんというか、細かいんですね・・・エピソードがこれでもか、これでもかと積み重ねられていくんですが、すべてのエピソードに何らかの意味がある、と思って読んでいくと(作者としては、意味はもちろんある、ということなんでしょうけど)、しんどくなってしまいました。感情移入する前に作品にのまれてしまい、「読書の波」に乗っていけなかったのかなと。

 単純に、わたしの読む力が足りなかった(字面だけを追いすぎた)ということなんでしょうが。

 

 レビューなどを見てみると、最終巻はとてもスリリングな展開になっているようです。それはとても気になる……のですが、この作品に関しては、一旦ここで離れようと思います。

 ルーペでのぞきこむように読むのではなく、もっと俯瞰で読む姿勢も、読書には欠かせないと実感させてくれた作品でした。

はじめての海外文学フェア

 

 所用で都会に出たのをこれ幸いと、「はじめての海外文学フェア」に行ってきました!

(はじめての海外文学フェアについては、こちら→翻訳ミステリー大賞シンジケートHP内の紹介記事

 

 近くにこのフェアに参加している本屋さんがなかったので、こういうタイミングをねらっていました^ ^

ふたつの選書リスト「ビギナー篇」と「ちょっと背伸び篇」のうち、すでに読んでいる本がちらほらと。(フェアのしかけ人、でんすけのかいぬしさんの手によるフリーペーパー「本屋でんすけ にゃわら版」にて、選書リストをチェックすることができます!)

 

幽霊たち』ポール・オースター(柴田元幸) (※括弧内は訳者)

 わたしのなかでは、「不条理小説」といえばこの作品。なんともいえない読後感が味わえます。

 作中では、ホーソーンの『ウェイクフィールド』(これも不条理小説)など、アメリカ文学の古典的作品が登場するところもツボです(ホーソーンといえば『緋文字』ですが、短編はゴシックホラーっぽいお話も多く、現代の読者にも楽しめる要素がつまっています)。

 

カモメに飛ぶことを教えた猫』ルイス・セプルペダ(河野万里子)

 こちらは、とても心が温かくなるお話です。

 猫とカモメと人間という、相容れることのない存在が、最後はひとつの目標に向かって力や知恵をあわせていくところに、じーんときます。

 犬派のわたしも、作中のいきいきとした猫ちゃんたちにはノックアウトされました。

 

1ドルの価値/賢者の贈り物』O.ヘンリー(芹沢恵)

 これはもう、説明不要の名作ですね。

 紹介されている新訳版は未読なので、そちらで久しぶりに読んでみたいです。

 

フランケンシュタイン』メアリー・シェリー(森下弓子)

 こちらも、紹介されている版は読んでいませんが、ずいぶん昔に読んだ記憶があります。

 大人になってから読むと、まったく違う印象を受けるのでは、という気がするので、こちらもぜひもう一度、読まないといけないなと。

 

囀る魚』アンドレアス・セシェ(酒寄進一)

 まさに、文学好きのための作品!

 随所に文学談義が織りこまれていて、それだけでも読み応えがあるのですが、そうした実在の作家や作品にまつわるエピソードと、ミステリアスなストーリーが絡みあって、不思議な雰囲気を醸し出しています。

 読んでいるうちに、どこに運ばれていくのかわからない浮遊感のようなものを感じました。言葉の美しさにも、はっとさせられる作品です(酒寄進一先生の訳文にしびれっぱなしでした)。

 

ロリータ』ウラジミール・ナボコフ(若島正)

 この作品はイメージが先行してしまいがちですが、読み手の素養を試されているような、とても一筋縄ではいかない作品です。

 難解、と言ってしまえばそれまでですが、清々しく完敗を認めると、むしろその難解さを楽しめます(そんな読み方をしないほうがいいんでしょうけど)。

 

 リストには50冊以上が選ばれているので、未読の本のほうがはるかに多いです。

 時間・予算を考えると制覇は無理な気がしますが(制覇される方もいるかもしれない)、気になる作品が満載で、また積読本が増えてしまいました!

 こういうフェアがあると、確実に知らなかった本と出会えるので、本当に意義のある試みだと思います。できれば、近くの本屋でもやってほしい・・・

秋の読書

 

 読書の秋にどっぷり浸ろうと、長編小説を読み始めました。

 

ゴールドフィンチ

著:ドナ・タート 訳:岡 真知子

出版社の作品紹介ページ→河出書房新社 

 

 全4巻という、最近読んだ小説のなかでは、最も長いと思われる作品に手をつけました。

 出版翻訳者を目指す者としては、気になった本は購入して読むべし、と思ってはいるのですが、なにせ四冊あるし、お財布と相談の上、断念することに・・・ということで、図書館で借りました。

 冒頭部から本筋に入るところで、時間軸が大きく動き、主人公の過去へとさかのぼっていきます。第1巻を読んだ時点の感想ですが、かなり描写が細かいというか、細部まで丁寧に描かれた作品という印象を受けました。これは作者のスタイルかもしれませんが、そこが今後、どうストーリー全体に影響してくるのかが楽しみでもあります。

 

 第1巻では、偶然居合わせた美術館で爆弾テロにあった主人公テオが、そのテロで母親を失い、美術館から一枚の名画「ごしきひわ」を持ち出す・・・というくだりが書かれています。波乱万丈の人生の幕が開けたわけですが、テオの語り口は淡々としていて、まるで他人の人生を語っているかのよう。

 登場人物は多い(この先、まだまだ登場するでしょうね)ですが、どの人物にも感情移入しかねるような、どこか稀薄な雰囲気が全体に漂っています。テオと母親の関係も、かなり深いものがあるとは思うのですが、それがことさら強調されている様子もないですし。

 でも、このテオの「何かが欠けた」部分が、母親を失ったダメージの大きさを物語っているのかもしれません。

 

 次巻より、怒涛の展開が待っているのでしょうか?早く読み進みたいのですが、近所の図書館では貸出中……ラストまでの道のりは長い・・・

 

〜ごしきひわ(ゴールド・フィンチ)〜

 

goldfinch

 

 ごしきひわは、とても鳴き声が美しい鳥だそうです。

 そういえば、「ごしきひわ」というフルートの曲があります(ヴィヴァルディの「フルート協奏曲」)。

 

たそがれの空

 

 今年に入って読んだなかで、いまのところ、一番「読んでよかった」と思った作品がこちら。

 

 

A man called Ove by Fredrik Backman

英語版出版社へのリンク→Simon and Schuster

 

翻訳版が出版されました!

 

幸せなひとりぼっち

 

『幸せなひとりぼっち』

フレドリック・バックマン:著 坂本あおい:訳

 

 原書はスウェーデン語です。主人公のオーヴェは、妻に先立たれ、一人暮らしをしている、いわゆる頑固じいさん。言葉も態度も、決してやさしいとはいえないオーヴェのまわりに、なぜか人が集まってきて・・・という、笑いあり涙ありの心温まるお話です。(ラスト、泣けました…悲しくて、というより、感動の涙でした。)

 本国スウェーデンだけでなく、New York Timesのベストセラーリスト(ペーパーバック部門など)にも長期にわたってランクインしています。

 このヒットを受けてスウェーデンで映画化されたのですが(そして映画も大ヒット)、それがついに日本にもやってきます!

(邦題は『幸せなひとりぼっち』と、原題からかなりアレンジされた模様。)

 

 田舎県に在住なので、近くの映画館ではまず上映されません・・・都会に行ったときに(というかこれを観に行く目的で遠征して)ぜひ観なければ!

 

 これによく似た作品も、ひとつ読了しました。

 

The Curious Charms of Arthur Pepper by Phaedra Patrick

 

 本を紹介したオフィシャルムービー。

 

 こちらは未訳なので、原書(英語)で読みました。主人公のアーサーは、オーヴェと同じく、妻を亡くしています。頑固というより、気難しい?おじいちゃんです。

 オーヴェのほうは、近所が舞台なのですが、アーサーはイギリスからフランス、インドまで、世界を股にかけた(?)大冒険をします。その経緯はというと……亡くなった妻の遺品整理をしていると、美しい8つのチャーム(表紙にもあります)のついたブレスレットが見つかります。そしてこのチャームひとつひとつに、アーサーの知られざる妻の過去が隠されていた、というなかなかドラマティックな展開です。

 御年70歳のアーサーが、大奮闘する様子は、読んでいて楽しくもあり、せつなくもあり……

 

 でもやっぱり、オーヴェのほうが「ジーンときた感」がありました。

 映画も公開されることだし、A man called Ove、もう一度読み返そうと思います(A man called Oveも、The Curious Charms of Arthur Pepperも、どちらも比較的平易な英語で書かれているので、洋書リーディングのステップアップで読むにもいいかもしれません)。


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Bookshelf

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
 
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
The Lost Words
The Darkest Thread
The Snow Child
I Could Chew on This: And Other Poems by Dogs
You Need More Sleep: Advice from Cats
Death by Chocolate Lab
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century