季節はクリスマス! ホリデーシーズンの読み物といえば、コージー・ミステリーで決まりです(?)。

 いろいろ魅力的なクリスマス・コージーがあって悩んでしまいますが、こちらを選びました。

 

Not a Creature was Purring by Krista Davis

 

 A Paws & Claws Mysteryシリーズの第5作。第1作を読んで、好きになったシリーズです。第2〜4作は読んでませんが、スタンドアローンとして読んでも大丈夫、というレビューがあったので、問題なさそうだと判断。表紙のトリクシー(犬)とティンクルトゥ(猫)のイラストに、やられてしまいました!

 

 こっちも気になったのですが……。

 

Rest Ye Murdered Gentlemen by Vicky Delany

 

 年中クリスマス一色、というニューヨークのルドルフという町が舞台の、こちらもシリーズもののコージー・ミステリーです。翻訳版が、なんと先月出版されていました!

 

『クリスマスも営業中?』

ヴィッキ・ディレイニー:著、‎ 寺尾 まち子:訳

 

 出版社はもちろんコージーブックスさん。さすが、このシーズンどんぴしゃなコージーを翻訳出版されています!

 

 気になる作品、まだまだあります……。

 

A Cajun Christmas Killing by Ellen Byron

 

 こちらのシリーズ、第1作のBody on the Bayouが2016年のアガサ賞のショートリストにノミネートされていました。Cajunというのは、「北米にあるフランスのアカディア植民地に居住していたフランス系カナダ人の人々のうち現在の米国ルイジアナ州に移住した人々とその子孫」(Wikipediaからの引用)を指す言葉で、シリーズの舞台もルイジアナ州。アメリカ南部の雰囲気が味わえる、個性的なコージーミステリーのようです。アガサ賞ノミネ作家だけあって、レビューサイトでの評価も高いので、ぜひ読みたいシリーズです。これまた、表紙の犬がなんとも……

 

 もうひとつ、日本でもかつて翻訳書が刊行されていたシリーズの1作。

 

◆Twelve Dogs of Christmas by David Rosenfelt

 

 アンディ・カーペンターという弁護士が主人公のシリーズで、全16作品というロングラン。著者が無類の犬好き(犬の救済団体を主催しているほど)で、主人公も「犬」がらみの事件を担当し、毎作「犬」が表紙になっています。こちらは15番目の作品ですが、翻訳書は10年以上前に出版された2作のみ。コージーミステリーじゃなくて、クライムサスペンスのジャンルに入るみたいなので(表紙の犬はいかにもコージーっぽいですが……)、ほっこりはしなさそう?

 

 クリスマスまで2週間くらいなので、全部読むのは明らかに無理……なので、とりあえず、大好きなKrista Davisの作品を読もうと思います。

 

クリスマス

 


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Dog & Animal Books

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
The Darkest Thread
The Lost Words
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
Hunting Hour
Death by Chocolate Lab
The Snow Child
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century
The Wild Robot Escapes
  
The Poet's Dog