第1作がおもしろかったので、同じシリーズの2作目を読んでいます。

 

Stalking Ground by Margaret Mizushima

 

 アメリカ・コロラド州ティンバー・クリークのK9ユニット、Mattie & Roboシリーズの2作目。冬の雪山を舞台に、MattieとRoboが殺人事件を捜査します。

 本作の被害者は、Mattieの上司Brodyの恋人(前作にもちらっと登場してました)。ハイキングに行くと言って行方不明になった彼女を、Mattieたちは必死に捜索しますが、ときすでに遅し。険しい山の上で、彼女の死体を発見します。折り悪く天候は崩れ、辺りには雪が降りはじめ、Mattieは現場保存のためにRoboと山に残るのですが……。

 

 と、コロラドの厳しい冬と山の風景が臨場感たっぷりに描かれています。わたしも隣州に住んでいたのでわかるのですが、雪の量は半端ないです。10月に初雪が降ることもしばしば。そして山は険しく、野生動物もいます。MattieとRoboも、山でMountain Lion(ピューマー、クーガーとも)に襲われ、いきなりピンチをむかえます! 

 被害者がBrodyの恋人ということもあり、前作ではちょっと嫌な上司みたいな雰囲気だったBrodyに、Mattieも同情。いろいろ気を回したりして、人間関係が苦手だったMattieの成長もうかがえます。獣医で捜査に協力しているColeや、Coleのふたりの娘との関係も深まりつつあるような?

 とても女性がひとりでハイキングに行くような場所ではないところで死体が発見され、お墓のようなものまで作られていたことから、被害者はなんらかの事件に巻きこまれ、別の場所で殺害されて(わざわざ)山の上まで運ばれたとわかります。捜査がどう進んでいくのか、楽しみながら読みたいと思います。Roboの活躍に期待!

 

コロラドの山

(コロラドの山は、こんな感じ。ロッキー山脈の頂には、夏でも万年雪が見られます。)


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Bookshelf

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
 
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
The Lost Words
The Darkest Thread
The Snow Child
I Could Chew on This: And Other Poems by Dogs
You Need More Sleep: Advice from Cats
Death by Chocolate Lab