第1作がおもしろかったので、同じシリーズの2作目を読みました。

 

Stalking Ground by Margaret Mizushima

 

 アメリカ・コロラド州ティンバー・クリークのK9ユニット、マッティ&ロボシリーズの第2弾です。本作は、冬の雪山が舞台です。被害者は、マッティの上司ブロディの恋人(前作にもちらっと登場してました)。行方不明になった彼女を、マッティたちは必死に捜索しますが、ときすでに遅し。険しい山の上で、遺体が発見されます。折り悪く天候は崩れ、辺りには雪が降りはじめ、マッティは現場保存のためにロボと山に残るのですが……。

 

 前作ではちょっと嫌な上司みたいな雰囲気だったブロディに、マッティも同情していろいろ気を回す場面もあり、人間関係が苦手だったマッティの成長もうかがえます。捜査面でマッティとコンビを組むのは、州警察の女性刑事ステラ。彼女がいい味出してました(第1作でも登場)。マッティの家族は一家離散状態で(父親は刑務所で死亡、母親は失踪。兄も音信不通)、そのつらい過去が前作以上に描かれているのですが、ステラとの友情が、今後の支えになっていきそうな感じでした。

 

 コロラドの厳しい冬と山の風景も、臨場感たっぷりに描かれています。隣州に住んでいたので想像がつきますが、雪の量は半端ない。10月に雪が降ることもしばしば。そして山は険しく、野生動物もいます。マッティとロボも、山でMountain Lion(クーガー)に遭遇したり。そこでロボが大活躍! クーガーとやりあい、終盤は本領発揮の追跡劇。プライベートでも、ロボはマッティのなくてはならない家族としてマッティを支えます。がんばれ、ロボ! と応援しながら読みました。

 

 本作では、捜査協力もしている獣医のコールが主人公に近い存在で、最初から最後まで出ずっぱりでした。離婚して自分も娘ふたりも精神的に落ち着かない状態になっているところに、患者(馬)がらみで事件に巻き込まれ、自身も命の危険にさらされます。獣医さんも大変……。

 

 

コロラドの山

(コロラドの山は、こんな感じ。ロッキー山脈の頂には、夏でも万年雪が見られます。)


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Dog & Animal Books

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
The Darkest Thread
The Lost Words
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
Hunting Hour
Death by Chocolate Lab
The Snow Child
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century
The Wild Robot Escapes
  
The Poet's Dog