水滴

 

 ここのところ、意識してノンフィクションを読むようにしています。そして出会った本がこちら。

 

煙が目にしみる

煙が目にしみる:火葬場が教えてくれたこと

ケイトリン・ドーティ:著 池田真紀子:訳

出版社の作品紹介ページ→国書刊行会

 

 夜寝る前に少しずつ読もう、と思って読み始めると、面白くてぐいぐい引き込まれてしまいました。狒魑鍬瓩テーマの本なので、おもしろい、と言っていいのか?ですが、ちょいちょい顔を出す著者の爛屮薀奪すぎる瓮屮薀奪ユーモアに、笑わずにはいられませんでした。

「初めてひげ剃りをした死体のことを、女は死ぬまで忘れない」と、なんだか退廃的なフィクションのような書き出しで始まります。幼いころに目撃した犹爿瓩鬚っかけに、死というものにとらわれてきた著者ケイトリン。大学卒業後(大学では中世史を専攻し、犹狎鹸儉瓩亡悗垢誅席犬鯑匹澣り、猖盻裁判瓩鯊艦世離董璽泙冒んだらしい)、まさに敵陣に乗りこむ意気込みでサンフランシスコの葬儀社に就職し、火葬技師(そんな職業があるとは知りませんでした)として働き始めます。そこでの体験をもとに、ケイトリンが見た死者や家族の姿、アメリカの葬儀の現実、死に対する意識と、ケイトリン自身の葬儀への思いを綴ったのが、この回想録『煙が目にしみる』です。

 この本を読みながら、わたし自身がかかわった葬儀を思い起こし、葬儀というものは、亡くなった人のものである以上に、見送る人のものなのかもしれないなと、あらためて感じました。当然、生前葬でもなければ、実際に葬儀を執り行うのは遺族(もちろん、遺族以外の場合もありますが、どちらにしても亡くなった人以外の誰か)です。昨今、終活やエンディングノートという言葉が聞かれるようになりましたが、自分の葬儀をどうする(どうしてほしい)のか、決めている人は少ないでしょうし、わたしもはっきりと意思表示したことはありません。それをしておくべきかどうか、ということも含めて、いろいろと考えさせられる本でした。

 死というものを研究(追及?)していた著者だけあって、さまざまな文化の葬儀や死生観が紹介されているのも、読みごたえがありました。日本の「イザナギとイザナミの神話」や納棺師の話も登場します。そうした知識と葬儀社での現場体験をもとに、著者ケイトリンは狒魑轡廛薀鵐縫鵐悪瓩硫饉劼鮴瀘し、狒魑靴療粗算姚瓩茲蹐靴、精力的に情報提供などの活動を続けているそうです。

 ここ数年読んだ本のなかに、同じテーマを扱った本はなかったので(葬儀がテーマの本なんて、そうそうないと思いますが……)、貴重な読書体験ができました。翻訳書の存在意義である異文化体験、それもかなり異色の体験を提供してくれて、なおかつおもしろいという、人にすすめたくなる(食わず嫌いせず、ぜひ読んでほしい)一冊でした。


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Bookshelf

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
 
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
The Lost Words
The Darkest Thread
The Snow Child
I Could Chew on This: And Other Poems by Dogs
You Need More Sleep: Advice from Cats
Death by Chocolate Lab
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century