本と花

 

 先日読んで、あまりにおもしろかったので、リーディングの練習にとレジュメを書き始めた作品。とっくに版権が動いていて、翻訳版が出版されるようです!

 

渇きと偽り

 

渇きと偽り 

ジェイン・ハーパー:著 青木創:訳

出版社の作品紹介ページ→早川書房

 

↓原書はこちら。

 

The Dry by Jane Harper

 

 自分が目をつけた作品の翻訳版が出版されるのは、とてもうれしいのですが、レジュメを書いていたところなので、ちょっとせつない感じも……。別に持ちこもうとか考えていたわけではないのですが。

 こちらの作品も、原書が気になっていたところ(結局、通しで読めていないですが)、翻訳版が出ました!

 

 

完璧な家』 

B・A・パリス:著 富永和子:訳

出版社の作品紹介ページ→ハーパーコリンズ・ジャパン

 

 

Behind Closed Doors  by B.A. Paris

 

 こういうふうに、本国でベストセラーになっていたり、評判の良い作品が、翻訳されて日本でも出版されていくのを見ると、出版翻訳者としてやっていきたいと考えている者としては、とてもうれしい気持ちです。出版業界(とくに翻訳もの)は厳しい、と常々耳にしていますが、捨てたもんじゃないですね! 2作とも、読むのが楽しみです! 心して読みます!

(とりあえず、リーディングは別の作品を選びなおそう……。)


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Bookshelf

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
 
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
The Lost Words
The Darkest Thread
The Snow Child
I Could Chew on This: And Other Poems by Dogs
You Need More Sleep: Advice from Cats