ダックスフント

(以前、この写真の子と同じロングヘアーのダックスフントを2頭飼っていました。レッドと、ブルーダップルという、とても珍しい毛色の子でした。)

 

『おやすみ、リリー』のモニターに当選し、刊行に先駆けて読者になる機会をいただきました。ハーパーコリンズ・ジャパンさんに感謝いたします!

 

おやすみ、リリー

 

おやすみ、リリー』 

スティーヴン・ローリー:著 越前敏弥:訳

 

 ハーパーコリンズ・ジャパンより2017年4月刊行(画像はハーパーコリンズ・ジャパンの特設サイトからお借りしました。)

 本作を知ったのは、原書をGoodreadsで見て、読んでみたいなと思ったのがきっかけでした。

 

 

Lily and the Octopus by Steven Rowley

 

 Goodreadsの"Choice Awards 2016"のフィクション部門にノミネートされていて、表紙のダックスフントのイラストに(犬好きなら当然?)目がいきました。そのときは、この作品が日本語で、しかも越前敏弥先生の訳で読めるなんて思いもしませんでした。「愛犬の死」というテーマと、Goodreadsで星5つつけていた方のレビューの「泣くってわかってた!」というコメントを見て、「読んだら泣く」予感はしていたのですが……。結局、まんまと泣いてしまいました。泣いたなんてものじゃない。号泣でした。本を読んで泣くことはままあるのですが、ここまで泣くことはめったにない、というくらい。わたしが愛犬家で、足元にはすやすやと寝息をたてているわんこがいて、いままでに何度も、身近な人や愛犬との悲しい別れを経験している、とくれば泣いて当然かもしれません。

 でも、これほどまでに泣いた理由はそれだけではありません。それは、この作品の、最初の一行から最後の一行にまで、愛があふれているから。心が温かく、元気になる愛もあれば、複雑で、素直に表せない愛、悲しい愛……。いろんな愛が、いろんなエピソードのなかにこめられています。そんな愛に触れたからこそ、泣けてきたのだと思います。

 つらい場面でも涙しましたが、泣くのって、悲しいときだけじゃないんですよね。わたしが最初にじわっときたのは、主人公テッドがリリーと最初に出会った、幸せいっぱいの場面(そこはハーパーコリンズ・ジャパンの特設サイトで試し読みができます)でした。リリーがテッドにはじめて「言った」言葉に無垢な愛を感じ、もうそれだけでじーんと、温かいものがこみあげてきました。そう、わんこってそうなのよ!と。

 出だしでうるっときて、「これは覚悟して読まないと、たいへんなことになる」と気合い(?)を入れたのですが、そのあとも涙腺が刺激されっぱなしで、どうにもなりませんでした。読み終わったいまは、『おやすみ、リリー』というタイトルだけで、目がうるんでしまうほど。このタイトルにも、大きな意味がありました。

 

 とはいえ、この作品はただのお涙頂戴ストーリーではありません。ユーモアや、ファンタジーのテイストもふんだんに盛りこまれています。アメリカ・ロサンゼルスに住んでいる主人公テッドは、セラピーに通っており、なんとなくアメリカのストレスフルな都会人、という雰囲気が漂います(テッドの場合、セラピーに通う理由は、都会のストレスだけではないのですが)。セラピストのジェニーに対するテッドの態度が滑稽なほど辛辣で、毎回笑ってしまいました。

 タコ(リリーの頭にできた腫瘍)が妙に哲学的なのもユーモラス。タコは敵なので、共感はできませんが、とても魅力的なキャラクターでした。そのタコをリリーの頭から追い出すべく、テッドはあらゆる「非現実的」な作戦を繰り出します。わらにもすがりたいテッドの気持ちが伝わってきて、おかしいやら、悲しいやら、せつないやら……(気持ちはわかるよ、テッド)。『白鯨』よろしく海に出て、タコと死闘を繰り広げるくだりがあるのですが、そこは手に汗握る冒険物語といってもいいくらい。こうした一風変わったマジックリアリズムな趣向も、この作品独特の味わいだと思います。愛犬家に限らず、読書を愛するすべての方におすすめしたい作品です。

 

 泣くことがストレス発散、なんていう話もありますが、いい涙を流すことは、悪いことじゃない。わたしの好きなガンダルフもこう言っています。

「わしはいわぬ、泣くなとはな。 全ての涙が悪しきものではないからじゃ」

(『指輪物語 王の帰還』 J.R.R.トールキン:著 瀬田貞二・田中明子:訳 評論社)


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Dog & Animal Books

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
The Darkest Thread
The Lost Words
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
Hunting Hour
Death by Chocolate Lab
The Snow Child
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century
The Wild Robot Escapes
  
The Poet's Dog