Goodreadsで評判のよさそうだったこちらを読了しました。

 

Silent Child  by Sarah A. Denzil

 

 いわゆる「サイコ・スリラー」ものです。サイコ・スリラーといえば、『ゴーン・ガール』や『ガール・オン・ザ・トレイン』のイメージですが、こちらもやはり女性が主人公(『ゴーン・ガール』は夫婦)です。イギリス・アマゾンの"Crime、Thriller and Mystery"カテゴリーでは、ベストセラーリストのトップにあがっているということで、期待して読んでみました。

 

 主人公のエマは10代で母親となり、生まれた息子エイデンと、夫ロブと幸せに暮らしていた。だがエイデンが6歳のとき、エイデンが行方不明に。それから10年後、つらい日々を乗り越え、離婚、再婚を経て、エマは新たな人生を歩んでいた。出産を間近に控えた彼女のもとに、驚愕の知らせが入る。エイデンが見つかったというのだ。駆けつけたエマが見たのは、16歳になった息子の姿だった……。

 

 タイトルに"Silent Child"とありますが、10年ぶりに再会したエイデンは言葉を失っていた、という設定です。率直に「よくできたサイコ・スリラー」という印象を受けました。まず、舞台背景やキャラクター設定が明確で、登場人物の人数も多すぎるということもなく(翻訳ものにありがちな、この人だれだっけ?ということもなく)、すんなり読めました。

 読みやすいというのもよかったのですが、何といってもこの作品のおすすめポイントは、肝となる「ひねり」の巧みさです。思わず「おおっ」と声が出たくらい。話が7〜8割くらい来たところで、真相に迫る山場が設けられているのですが、そこで1回ひねりがあって、さらにもう1回、そして最後にもう1回ひねってくるという、隙のない展開です。最初のひねりは、そこまでの流れで「やっぱりこいつが犯人か〜」と落ち着きそうになるのですが、そう話は簡単に終わらないよと。

 その山場に来るまでの「煽り」(エマの感情の動きとか、エイデンの行動描写とか)も、これでもかというくらい緻密に描かれています。中間部の展開がやや遅い・重たい感じも受けましたが、終盤のテンポアップを際立たせるためのじらしと考えると効果はあったと思います。わたしはまんまと引っかかり、ギアチェンジしてからは怒涛の一気読みでした。

 

 マイナス点をあげるとすると、エマの人生が盛りだくさんすぎる点? 子供だけでなく、その直後に両親まで亡くし(両親についてはひねりに絡んでくるわけなのですが)、やっと立ち直って、再婚して、もうすぐ出産、というときに、死んだと思った子どもが現れて、身重の体でものすごいストレスにさらされるという……。最後なんて、陣痛が始まった体で格闘し、走り回ってるんですよ!? ちょっと無理があるような……。母は強しなのか?

 それと、真相に関わる重要な人物の影が薄かった点も気になりました。犯人が中盤以降にやっと出てくる(厳密には登場したとは言いづらい形で)人物で、キャラクターや内面描写がほとんどされておらず、ちょっとインパクトが弱かった。あと、個人的に読んでいて一番「感じ悪い」と感じた人物が、最後のひねりのところで一応の制裁を受けるのですが、いまいち釈然としない感も残りました(わたしはもうちょっと別の解決方法もあるんじゃないかと感じました)。

 

 余談ですが、暴力シーン(ほとんどなく、終盤に突然出てくる)が結構生々しかったのも印象的でした。エグイとかではなく、冷静に淡々と描写されているので、かえって怖かった……。まあ、それだけ作者の描写力が優れているという証拠なんでしょう。これが女性作家ならではなのかはわかりませんが、いままで読んだ女性作家のミステリーには、少なからず同じ傾向が見られたように思います。

 

川と町

(なんとなく、作品の舞台の雰囲気に似ていると感じました。)


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Dog & Animal Books

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
The Darkest Thread
The Lost Words
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
Hunting Hour
Death by Chocolate Lab
The Snow Child
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century
The Wild Robot Escapes
  
The Poet's Dog