孤島

 

 昨日、日本翻訳大賞に作品を推薦させていただきました。残念ながら、時間がなくて1作品しか推薦できませんでしたが……。

 サイトに掲載されている推薦文を読んでいると、みなさんよくまとめていらっしゃる。とても参考になりました。

 そのなかで気になった作品が図書館にあったので、借りてきてしまいました。

 

Atlas of remote islands

 

奇妙な孤島の物語 私が行ったことのない、生涯行くこともないだろう50の島

ユーディット・シャランスキー:著 鈴木仁子:訳

出版社の作品紹介ページ→河出書房新社

 

 世界の「孤島」を紹介する本なのですが、写真は一切ありません。島の地図(かなりシンプルです)に添えられているのは、短いエピソードやエッセイ、つまり文章だけ。ですが、それがかえって想像力をかきたてるのが不思議です。子どもの頃、世界地図を見てわくわくしたことを思いだします。

 まだ冒頭しか読んでいませんが、とにかく翻訳がすばらしい!。

 ノンフィクションの翻訳をやらせていただいて、「説明文」を「説明調」になりすぎずに訳す難しさに愕然としました。読者にまわりくどい、もたもたした、読みづらい印象を与えない文になるよう意識したつもりですが、なかなかうまくいかず……考え過ぎてよけいに「ややこしい」文章になったり・・・

 この『奇妙な孤島の物語』の翻訳は、美しいのです。原文を損ねることなく、かつ、流れるような日本語になっています。どうすればそんな翻訳ができるようになるんでしょう。たくさん良質の文章(原書と翻訳の両方)に触れ、自分のものになるよう吸収していく、これしか思いつきません。

 ともかく、この本は仕事の合間に、少しずつ読みたいと思います。

 

 気になった本を全部購入していたら、本棚がパンクする&経済的に厳しい(涙)という状況に陥ります。なので、文庫本はできるだけ買って、ハードカバーは図書館で借り、読んで気にいったら買う、という方向に落ち着きました。でも、少しでも出版業界に貢献する、という意味では、ハードカバーこそ購入すべきなんですよね……うーん。


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Bookshelf

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
 
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
The Lost Words
The Darkest Thread
The Snow Child
I Could Chew on This: And Other Poems by Dogs
You Need More Sleep: Advice from Cats