初日の出

 

 年明け早々、おもしろい本を読みました。

 

奇妙という名の五人兄妹

◆『奇妙という名の五人兄妹

アンドリュー・カウフマン:著 田内志文:訳

出版社の作品紹介ページ→東京創元社

 

 以前、同じ作者の作品(『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』)を読んだのですが、そちらも相当「奇妙」なお話でした。

 読み始めたときは、???という感じだったのですが、いつの間にか話に引きこまれていました。こういうシュールな作品はたぶん、いろいろな読み方があって、深読みしようと思えばいくらでもできるし、それはそれで面白いのですが、あまり難しく考えずに、ただ「不思議なお話だなぁ」と思って読むと、それだけで感じるものがある、そんな気がします。

 

 このお話では、両親の愛にあまり恵まれておらず、兄妹の仲もよいとはいえない五人の兄妹が、かなり強烈なキャラクターの祖母から、それぞれ「力」を授かります。ですが、恩寵となるはずのその「力」によって、反対に苦しい人生を送るはめになります。

この「力」から解放される方法がひとつだけある。それを知った五人が結集し、珍道中を繰り広げる、といったストーリーです。

 珍道中、という表現がふさわしいかどうかわかりませんが、わたしはかなり笑えました。作者のユーモアのセンス(そして、訳者・田内志文さんの絶妙な表現)と合うんでしょうか?

 

 テーマは「苦しみからの解放」という結構重くて暗いものなのですが、それを明るく表現するというのは、作者の筆力でしょうし、すごいことだなと思います。とにかく全編「普通じゃない」感じなのですが、それなのにすんなり読めてしまったのは、その奥に「ものすごく普遍的なこと」が書かれているからなんだと思います。親子、兄妹、夫婦と、いろんな家族の形が描かれているのですが、それがうまくいくのも、こじれてしまうのも、原因は同じ。平たく言えば、「愛」なんでしょう。

 愛があるか、ないか。愛がある(ありすぎる)せいで、うまくいかない場合もある。

 なんだか、物事ってとても逆説的だなと、この作品を読んで感じました。五人が授かった力にしても、祝福であるべきなのに、実際「呪い」になってしまっているし。

 

 この作品のいいところは、力から解放されたらそれで終わりじゃなく、そのあとも、ひと悶着あるところです。最後がなんともいえない。これでいいの? でも、これでいいんだ、と思わせてくれました。

 年の初めにこんなおもしろい本が読めて、今年はいいスタートが切れました!


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Dog & Animal Books

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
The Darkest Thread
The Lost Words
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
Hunting Hour
Death by Chocolate Lab
The Snow Child
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century
The Wild Robot Escapes
  
The Poet's Dog