勉強仲間と一緒に、著作権が切れた大昔の(だいたい100年くらい前の)作品を訳して冊子を作る、という企画を進めています。あくまで内輪で楽しむための同人誌ですが、訳文を形にするという体験をするのも勉強かなと。なんでも好きな短編を選んで訳すというコンセプトにしたのですが、集まった作品は、絵本あり児童書ありゴシックロマンスありの、バラエティに富んだラインアップになりました。この作品たちが1冊の本になった姿を見るのが、いまから楽しみです(しかし、同人誌のタイトルをどうするか……)。

 

 わたしは、『砂の妖精』で知られるイーディス・ネズビットの作品をチョイス。「猫と犬」のお話をまとめた短篇集から2篇と、怪綺談の短編集から1篇訳しています。児童文学×ホラーというのは、ヴィクトリア朝の女性作家によくある組み合わせのようです。でも昔の児童文学って妙に残酷だったりするので(これでもかと不幸がおそってきたり、結構バイオレンスなシーンがさらっと描かれていたり)、よくよく考えると自然な組み合わせなのかも? いっときエドガー・アラン・ポーとか好きでよく読んでいたのですが、またゴシック熱が再発しそうです。

(『砂の妖精』に登場する妖精のサミアドも、たいがい怖い……子どもが泣きそうなレベル→サミアド

 

 だいたい訳し終わって、お互いの原稿にチェックを入れている段階なのですが、自分ではまったく気づかなかったミスの指摘や、この表現だとわかりづらい、曖昧に感じるといった読者目線のコメントなど、とても勉強になります。完全に第三者の目で訳文を読んでもらい、フィードバックを受ける機会というのは、そうそうありませんしね。他人の訳文をチェックするのも、自分だったらこう訳すかな、とか、この表現は自分の引き出しになかったな、とか、気づきが満載です。

 

 なにより楽しいのは、自分の選んだ作品を訳すということ。実際の出版翻訳では、ご依頼あっての仕事なので、基本的に好きな作品を選べるわけではありません。自分がこれぞと思った作品が訳せるなら、訳者冥利につきます。原書ハンティングと企画の持ち込みをもっと頑張ろうと、気持ちを新たにしました。

 

creepy

(怖い話を怖く訳すのは、本当に難しいです……)


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Dog & Animal Books

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
The Darkest Thread
The Lost Words
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
Hunting Hour
Death by Chocolate Lab
The Snow Child
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century
The Wild Robot Escapes
  
The Poet's Dog