クロスジャンルなコンテンポラリー・フィクションを読了。犬もちょこっとだけ出てきます。

 

Where the Forest Meets the Stars  by Glendy Vanderah

 

 主人公のジョアナは、博士課程で鳥類学を研究する、20代半ばの大学院生。幼い頃に父親を、そして最近母親をガンで亡くし、自身も同じ病で数年間、闘病していた。大きな手術を乗り越えたジョアナは、研究の遅れと、自身の人生を取り戻そうと、夏の間、大学が管理する田舎のコテージでひとり暮らしをはじめる。早朝から夕方まで鳥たちを観察し、データを集める日々を送っていたある日、ひとりの少女が姿を現す。「アーサ・メジャー」(Ursa Major=おおぐま座)と名乗った少女は、自分は遠い星からやってきたエイリアンで、「5つの奇跡」を見るまでは星に帰らないという。こうして、ジョアナと不思議な少女は出会い、ひと夏を共に過ごすことになるのだが……。

 

 宇宙からやってきた少女という、SFかファンタジーのような設定で、この物語はいったいどこに行くのだろうと、奇妙な感覚をおぼえながら読み進めました。心身ともに傷ついたジョアナの内面が中心に描かれているのですが、そこにアーサの謎と、同じくアーサと深くかかわることになる、コテージの隣人ゲイブのエピソードが絡んできます。ジョアナの人生に突然現れた「エイリアン」、アーサとは何者なのか? 終盤は完全にサスペンスな展開で、ミステリー、マジックリアリズム、ロマンスと、クロスジャンルな味わいのある作品でした。

 以前、似た雰囲気の作品を読んだことを思い出しました。

 

The Snow Child  by Eowyn Ivey

以前の記事→白銀のアラスカに現れた少女 "The Snow Child"

 

 こちらも、ある日不思議な少女が姿を現す、というストーリー。主人公が夫婦ですし、時代設定など背景はまったく異なりますが、少女の謎が明らかになっていくところや、主人公とのかかわり方などに共通点を感じました。

 

 コンテンポラリー・フィクションは、作品によってはあまりに「現実的」すぎて、読書で非日常体験をしたい気分のときは敬遠してしまうのですが、この作品はかなりファンタジックなので、最後までぐいぐいページが進みました。オーディオブック併用だったのですが、わりと淡々とした声の女性ナレーターで、抑えた語り口が作品にマッチしていてよかったです。あまり仰々しい演技だと、この作品の世界に入っていけなかったと思います。ただ、低い男性の声色にやや違和感が……こればっかりは仕方がないのかもしれません(男性ナレーターが女性を演じるほうが、違和感が少ない気もします)。

 

森と星


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Dog & Animal Books

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
The Darkest Thread
The Lost Words
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
Hunting Hour
Death by Chocolate Lab
The Snow Child
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century
The Wild Robot Escapes
  
The Poet's Dog