雁の群れ

 

 大好きな作品の続編を読みました。

 

"The Wild Robot Escapes" by Peter Brown

 

 第1作はこちら。翻訳書も刊行されています)。

 

"The Wild Robot" by Peter Brown

 

野生のロボット

『野生のロボット』 

ピーター・ブラウン:著 前沢明枝:訳

 

 無人島に流れ着いたロボットが、生存本能を発揮(発動?)して、自然のなかで生き抜くため、「野生のロボット」へと成長していくという、とても風変わりな、でもとても心温まるお話です。ロボットのロズは、ひょんなことで赤ちゃんガンのママになるのですが、それをきっかけに、ロズを警戒していた野生動物たちも心を開き、互いに助け合うように。そうしてなかよく楽しく暮らしていたロズたちですが、1作目の最後で、思わぬ事態が発生し……。

 ロズやロズの息子(りっぱなガンに成長)、動物たちがどうなったのか、それがどうしても知りたくて、次作を手にとりました。オーディオブックと併読したのですが、オーディオブックがもう最高で、聴き終わるのがおしいくらいでした。ナレーションはもちろんですが、効果音やテーマ曲もすばらしく、子どもが聴いたらわくわくすること間違いなし。一度聴いただけではもったいないので、もういっぺん通り、寝る前に少しずつ聴いていこうと思います。

 

 ロボットが主人公の話は、ともすれば、テクノロジーvs自然、みたいな構図になりがちですが、ロズと動物たちはお互いを認めあい、一緒に生きる道を選びます。"The Wild Robot Escapes"では、ロズと人間、社会とのかかわりが多く語られているのですが、ロズは持ち前の「学習能力」と「適応力」で、新しい環境でも奮闘します。でもロズは、人間のために働くことを目的に作られはいても、本当の自分は「野生のロボット」。自分らしく生きるには、といったロズの心(ロボットではありますが)の葛藤も描かれています。いろんなテーマに通じる、なにげに深い作品です。子どもだけでなく、大人も読むべき本じゃないかと強く感じました。

 

 とにかく、ロズがチャーミング。こんな素敵でやさしいキャラクターを生み出せるなんて、著者のお人柄なんでしょうか。洋書で読書会をする機会があったら、いちばんに選びたい作品です。


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Dog & Animal Books

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
The Darkest Thread
The Lost Words
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
Hunting Hour
Death by Chocolate Lab
The Snow Child
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century
The Wild Robot Escapes
  
The Poet's Dog