スイレン

 

 朝からセミが鳴き続ける季節になりました。我が家はすぐ横が山で、昼間はセミ、夜はカエルの大合唱……いよいよ、夏本番ですね。

 そんななか、出版翻訳関連の本をまとめて入手しました!

 こちらと、こちらです。

 

翻訳ってなんだろう

◆『翻訳ってなんだろう?』

著:鴻巣友季子

(ここは、鴻巣先生が訳された『嵐が丘』もあわせ読みしたい!)

 

◆『翻訳地獄へようこそ』

著:宮脇孝雄

(帯に「地獄で仏の実践翻訳ゼミナール」とありますが、ぴったりの表紙ですね!)

 

 分納の納期が迫っている翻訳案件もあってばたばたしていますが、毎日少しずつ読んで、例文などは自分でも訳していければなと。

 翻訳作業をしていて、「この原文にぴったりの訳語・表現はこれじゃない」という感触はあるのですが、その「ぴったり」が自分の中から出てこなくて、毎日くやしいやら、悲しいやら。訳者が違和感を感じるくらいなら、読者はもっと読みづらいはずです。どうしたらこの状態から抜け出せるのか、もんもんとしていたのですが、鴻巣先生の本にヒントがありました。

 それは、訳すとき、「日本語力や文章のセンス」うんぬんで悩むまえに、「原文を読み、原文にコミットする」ことを意識しましょうということです。あたりまえのことなんですが、これがなかなかできない。いま訳しているパートには、抽象的な表現が結構出てきます。そんな表現に対して、こちらも抽象的というか、ひねった訳語をあてたくなってしまって、日本語のほうばかりに気をとられていました。でも、著者がどういう意味でその言葉を使っているのか、そこを落ち着いて、きちんと読み取ることに集中しようと思います。

 

*********

 ふと思いついて、途中放棄したThe Feather ThiefをAudibleでダウンロードしてみました。寝る前にちょっとずつ聴いていけば、読み切れるんじゃないかと(睡眠読書にならなければいいですが…)。

 

 


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Bookshelf

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
 
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
The Lost Words
The Darkest Thread
The Snow Child
I Could Chew on This: And Other Poems by Dogs
You Need More Sleep: Advice from Cats
Death by Chocolate Lab
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century