鳥の羽がテーマのノンフィクション。

 

The Feather Thief by Kirk Wallace Johnson

 

 "The Feather Thief(羽泥棒)"というタイトルに、「羽を盗むってどういうこと?」と興味をひかれて読み始めました。エドウィン・リストという将来有望なアメリカ人の若きフルート奏者が、子どものころから趣味でやっていたフライタイヤー(フライフィッシング用のルアー)作りに取りつかれてしまい、信じられない行動に出ます。アーティスティックなフライタイヤーを作るため、美しい鳥の羽をどうしても手に入れたいと、ロンドン自然史博物館に侵入し、貴重なコレクションを盗み出したのです。300羽近くもの、大量の剥製をです! この事件を知った著者が、熱心な調査をもとにまとめたのがこの作品。まさに、事実は小説より奇なり、ですね。

 

 盗んだのが博物館の所蔵品ですから、当然、歴史的・科学的価値があります。コレクションがいかにして集められたかを明らかにするため、鳥の羽がいかに人々を魅了してきたか、文化や歴史、博物学者やコレクターの生涯といった「鳥の羽」にまつわるエピソードも紹介されています。極楽鳥(フウチョウ)やカザリドリなど、南国の美しい鳥の羽は、古くは女性用の帽子飾りとして、ヨーロッパで熱狂的な人気があったそうです。高値で取引されるため、危険を冒してでも標本を採りにジャングルへと旅立つ冒険家も多く、乱獲のせいで、絶滅の危機に瀕した鳥も……。

 

 著者はふとしたきっかけで事件のことを知り、それこそ取りつかれたように何年も調査と取材を続け、ついにはリスト本人にインタビューするところまでこぎつけます。犯行の様子や犯行後の行動、後日談など、リストの視点で臨場感たっぷりに描かれているのも、著者がリスト本人と直接(何時間も)話をしたからこそ。警察の捜査や博物館員の思い、フライタイヤ―界の反応などもサイトストーリー的に盛り込みつつ、事件はその後、意外な結末を迎えるのですが……と、クライム・ノベルを読んでいるようなドキドキ感もありました。読み物としてもじゅうぶん楽しめる一冊です。

 

 この事件を取りあげた、ナショナルジオグラフィックの記事がありました。

 →日本語版

 →英語版

 

 鳥の名前や学名など、専門用語もたくさん出てくるので苦労しますが、オーディオブック併用でなんとか読み進めています。なじみのない単語も、発音を聞くととっつきやすくなりますね。

 

ルリイロコンゴウインコ

(フライタイヤ―には、こういうきれいな鳥の羽を使うんでしょうか?)

 


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Dog & Animal Books

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
The Darkest Thread
The Lost Words
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
Hunting Hour
Death by Chocolate Lab
The Snow Child
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century
The Wild Robot Escapes
  
The Poet's Dog