出版翻訳者として、成功率(自分の訳書として出版にこぎつける確率)は低いものの、積極的に取り組みたいこと、それが「出版社への持ち込み」です。この原書を持ち込むぞ!と決めたからには、「この作品ならではの魅力」や「翻訳書を出す意義」がしっかりと出版社に伝わるような、熱い企画書を完成させなければなりません。

 渾身の企画書(レジュメ)を作成するには、原書を読み込むのはもちろんですが、ジャンルや類書を調べ、作品を相対的に評価する視点も大事。「この本いい!」とどっぷり浸っていると、見えてこないものもあります。レジュメでは、熱く、かつ冷静に、作品を語らないといけない。一歩引くって、言うは易し……なんですよね。

 

 さらに、持ち込みには大きな問題が。そもそも、持ち込みをかけようとしている原書の版権(翻訳権)が空いているのかどうか? これを探るルートは、ゼロではなさそうですが、いち個人には難しいし、時間もかかりそう。版権がすでに動いているかもしれない原書のレジュメを書いても、レジュメを書く練習にはなりますが、出版社に売り込めない……。

 そこで、新しい本だけでなく、古い本もターゲットにして原書ハンティングすべし、というわけです。さすがに、出版から5年、10年経っている作品で、まだ翻訳書が出ていないなら、版権が空いている可能性は大きいので(何らかの理由で翻訳書が出版できない、しづらい理由がある本なのかもしれませんが)。テーマが普遍的だったり、時代を感じさせないものだったりと、いま読んでもおもしろいと感じる原書はたくさんありそうです。

 

 それもあって、ここしばらく、出版年のやや古い作品にも注目して、翻訳書が出版されいないかどうかをチェックしていました(もちろん、犬や動物に関する本を中心に!)。そのおかげか、ジャンル全体の雰囲気や傾向みたいなものが少しわかってきたような気がします。

 すべての原書を最後まで読むのは厳しいので、Kindleのサンプルがあるものは読みつつ、著者や作品周辺の情報を収集する、という方法で当たりをつけていたのですが、「これは面白い」「ぜひ持ち込みたい」と感じた作品は、見事に翻訳書が刊行されていました!(単純に読書量が足りなくて、すでに翻訳書がある原書に目をつけてしまっただけかもしれませんけど。)とはいえ、「自分が良いと思う本」と「出版社が出版したいと思う本」にそうズレはないらしいとわかり、ほっとしました。

 1冊の本から、芋づる式にいろんな本が見つかるのは楽しいですが、無限に積読本が増えていくのは困りものです……。

 

持ち込みの世界は奥が深い

(持ち込みの世界は、奥が深いです……)


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Bookshelf

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
 
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
The Lost Words
The Darkest Thread
The Snow Child
I Could Chew on This: And Other Poems by Dogs
You Need More Sleep: Advice from Cats
Death by Chocolate Lab