今月も、といってももう中旬ですが、犬本に手をつけました。

 Kindleのサンプルをダウンロードしてから、しばらく放置状態だったこのミステリー。

 

Blood on the Tracks by Barbara Nickless

 

 いかにもサスペンス感漂う表紙とタイトル(訳すと、「血の轍」)から想像はできたのですが、内容はかなりシリアスです。

 主人公は、鉄道警察官でK9ユニットのハンドラーであるシドニー・ローズ。彼女と相棒のクライド(シェパード)は、かつて軍に属し、駐留先のイラクで壮絶な体験をしたことから、帰国後はPTSDに苦しんでいます。同じ鉄道警察官のニック(シドニー・ローズの育ての親でもある)の姪が惨殺される事件が起こり、シドニー・ローズとクライド、そしてニックも捜査に加わることに。容疑者とされているのは、殺害された姪の恋人で、元軍人の男。任務中、顔や身体に大きなやけどを負い、爛弌璽鵐鼻Ε泪鶚瓩噺討个譴討い襪海涼砲肇轡疋法次Ε蹇璽困蓮偶然にもイラクで同じ極秘作戦にかかわっていました。

 忘れたい過去と、イラクで失った恋人や仲間たちの亡霊に悩まされながら、シドニー・ローズとクライドは事件の真相に迫っていく……というストーリー。1/3ほど読んだところで、読む手がストップしてしまいました。シドニー・ローズのイラクでの任務は、仲間の遺体の回収。それだけに、生々しい描写も多く、先に進むのが辛く……。文体そのものは読みやすいですし、テンポもいいので、クライドの活躍の場面が増えれば、なんとか読み切れるかも?と思ったのですが、K9の活躍よりも、主人公の心の闇と戦争体験がテーマのようなので、それもなさそうです……。

 ちなみに、著者のプロフィールを見ると、「日本で生まれて、グアムで育った」とあるので、ご家族が軍関係?と勝手に想像しています(それなら、軍関係の描写が細かいのも頷けます)。

 

 挑戦してみたものの、やっぱり、硬派でシリアスなミステリー(スパイもの、戦争もの、ハードボイルドなど)は苦手でした。「女性K9ハンドラー」が主人公の海外ミステリー(原書)は、これまでに2シリーズ読んでいますが、K9ものにもいろいろあるんですね。人も犬も、タフじゃなきゃやっていけない職業ですし、作品の雰囲気が硬くなるのは当たり前といえばそうなのですが。

 シドニー・ローズと同じ「女性で帰還兵でK9ハンドラー」が主人公の作品がもう1冊、積読リストに入っていますが、この調子だと、寝かしたままになりそうです……。

 

シェパード

(がんばれ、警察犬!)


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Bookshelf

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
 
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
The Lost Words
The Darkest Thread
The Snow Child
I Could Chew on This: And Other Poems by Dogs
You Need More Sleep: Advice from Cats
Death by Chocolate Lab
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century