白銀のアラスカが舞台の本を読みました。

 

 

(こちらの表紙も素敵)

The Snow Child  by Eowyn Ivey

 

 2013年ピューリッツァー賞フィクション部門の最終候補にもなっている作品です。50章以上という長さに読み切れるのか心配でしたが、読んでいくうちに先が気になって、気づいたら数日で読み切っていました。

 

 舞台は1920年代のアラスカ。子どものいない夫婦、ジャックとマーベルは、アラスカの開拓地に移住します。マーベルは死産を経験し、悲しみを抱えたまま、長い年月を過ごしていました。そこで、新天地で心機一転、人生を再スタートするつもりでアラスカに移住したのですが、過酷な自然や開拓の厳しさのなかで、夫婦の心はますます離れていきます。

 そんな重苦しい空気がただようアラスカでの生活でしたが、初雪が降ったある日、童心に返ったふたりはSnow Childを作ります。この子は女の子だと、赤いミトンとマフラーを着せてやるマーベル。すると、森の中に、赤いミトンとマフラーをまとい、透き通るような肌と青い目をした、金髪の少女が現れたのです。少女は、おとぎ話に出てくるSnow Maiden(ゆきむすめ)のように冬の寒さを気にすることもなく、野生の生き物のようにしなやかに、風のように森の中を駆け巡ります。

 この不思議な少女と夫婦との交流をベースに、マーベルの心の動き、そして強い女性へと成長していく過程が、美しい文章で語られた物語です。

 

 白銀のアラスカが舞台ということもあり、幻想的な雰囲気ではあるのですが、ファンタジーというよりもヒューマンドラマとしてわたしは読みました。少女はいったい何者なのか、というミステリーな要素もあります。過酷な環境で生きる人々の人生が丁寧に描かれており、自然描写も緻密で生き生きとしていて、とくに野生動物の描写には心奪われました。キツネ、オコジョ、ライチョウ、グズリといった、アラスカならではの生き物たちも登場します。

 

 家族や親子のあり方、生きるうえでの選択、何を大切にするかといった、根底にあるテーマはひじょうに普遍的です。ラストは余韻を残す終わり方で、好みが分かれるかもしれません。登場人物は少なく、それぞれがしっかりと描きこまれています。いろんな角度から読めるので、精読や読書会に向いている作品だと感じました。いちど、洋書の読書会をやってみたい……。

 

Snow Maiden

(雪は幻想的できれいですが、寒いのは苦手です……。)


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Dog & Animal Books

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
The Darkest Thread
The Lost Words
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
Hunting Hour
Death by Chocolate Lab
The Snow Child
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century
The Wild Robot Escapes
  
The Poet's Dog