パピー

(ビルバオ グッゲンハイム美術館のパピーちゃん。いつか会いに行きたい!)

 

 積読本をいつまでも積んどくわけにいかないので、仕事の合間に、寝る前に(というか、夜なべして)、少しずつ解消しています。

 とりあえず、以下を読了。翻訳ミステリーばっかりですね。
 

嘘の木

『嘘の木』(フランシス・ハーディング:著、‎児玉 敦子:訳)

 

書店猫ハムレットのうたた寝

『書店猫ハムレットのうたた寝』(アリ・ブランドン:著、越智睦:訳)

 

オリジンオリジン

『オリジン』(ダン・ブラウン:著、越前敏弥:訳)

 

 どの作品もとてもおもしろくて、どっぷり読みふけってしまいました。

 

『嘘の木』は、翻訳ミステリー大賞、翻訳大賞(二次選考対象)の両方にノミネートされている作品です。コスタ賞の大賞&児童文学部門賞を受賞した作品ということで、ファンタジーな児童文学かと思いきや、大人が読んでもじゅうぶん読み応えのある、重厚な人間ドラマでした。ミステリーとしても「この人が!?」という驚きがあり、19世紀後半のイギリスの時代背景、社会、文化といったところもしっかり描かれていて、歴史ものとしても読めると思います。こういうおもしろい翻訳書、どんどん刊行されてほしい!

 

「書店猫ハムレット」のシリーズは、シリーズ通して読んでいますが、アメリカ・ニューヨークの(都会というより、下町という雰囲気の)文化とか生活が味わえて楽しいです。キャラクターも地に足ついた感じで、コージー特有の「わやわや感(?)」が薄めで、安心して読めます。残念なことに、次巻が最終巻なんだとか……。最後まで、ハムレット(ハミー)の活躍に期待しています!

 

『オリジン』は、これぞダン・ブラウンという、壮大な舞台設定に、スピード感あふれる展開で、上下巻を一気読みでした。テーマとなるのが、テクノロジーと宗教という、まさに新・旧ふたつの世界。舞台となるスペインも、暗と明の両面を内包する国だからこそ、ストーリーに何層もの深みが出ているんでしょうね。ついつい時間を忘れて読書に没頭してしまう、「読ませてくれる」作品です。

 

 と、立て続けに「犬」が出てこない作品を読んだので、次は「犬本」かな……。

 


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Bookshelf

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
 
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
The Lost Words
The Darkest Thread
The Snow Child
I Could Chew on This: And Other Poems by Dogs
You Need More Sleep: Advice from Cats