本棚

 

 先週末は、出版翻訳者のトークイベント、大学院時代の恩師訪問と、なかなか盛りだくさんな週末でした。これぞと思った出版翻訳がらみのイベントには、できるだけ参加するつもりでいますが、なにぶん地方住まいでは、移動時間と費用を考えるとままなりません。なので、今回のトークイベント、参加できて本当によかったです。

 

 トークイベントでは、出版翻訳の仕事をするうえで大事なこと、参考になるお話をたくさん聞くことができました。お話しいただいた先生が実践されている、調べもののやり方や姿勢には、目から鱗がボロボロ落ちました……。結構調べている気になってましたが、全然追及が足りていないと反省しきり。調べたことは、後々自分の財産になる。そう考えると、とことん調べものに向き合っていける気がします。

 

 お話のなかで、先生が「自分は何が好きなのか見つめなおす」「好きな分野・テーマをとことん追求する」「ニッチな分野・マニアな分野でも、本当におもしろければ、読んでくれる人がいる」というようなことをおっしゃっていたのですが、去年くらいから自分でも意識していることなので、なんだか背中を押していただいた気持ちになりました。先生、わたし、犬本をとことん突き詰めます!

 

 お話を聞きながら、いますぐやらなきゃいけない、と強く思ったのは、つねに売り込める原書のストックを持っておくこと。バッグにレジュメを忍ばせておいて、ここぞというときにいつでも取り出せる、そんな状態にしておくこと。そして、チャンスがあればと考えるのではなく、チャンスを作ること。こんなことは、出版翻訳者を志すうえで当たり前なんでしょうけど、できていませんでした。"Chance favors the prepared mind"という言葉もありますが、自分から動かないと、何も始まらないんですよね。

 

 と、盛り上がった勢いで、先生の訳書やら、もともと買うつもりだった本やら、一気に4冊も本を買ってしまいました(それを持って次の目的地に移動したので、地獄を見ました……キャリーバッグにしとけばよかったと激しく後悔)。読みかけの本と、図書館から借りてきたばかりの本5冊で、計10冊の本が机に積みあがっています。移動中と昨日で2冊読了したものの、あと8冊……再来週、読書会をやるので、その課題書も読み返さないと……とはいえ、本にまみれることは幸せなことです。

 

 トークイベントの翌日には、友人たちと恩師を訪問。「訳書が出たら先生に読んでいただく」ことを目標にしていたので、ひとつ夢が叶いました。

(それにしても、学校って、どういうわけか、自分が卒業した後にきれいになるもんですね……ぴかぴかの校舎を見て、なんだか複雑な気分に……)


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Bookshelf

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
 
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
The Lost Words
The Darkest Thread
The Snow Child
I Could Chew on This: And Other Poems by Dogs
You Need More Sleep: Advice from Cats
Death by Chocolate Lab
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century