救助犬

 

 先月末から読んでいた、探索救助犬ものミステリーのThe Darkest Thread(by Jen Blood)を読了しました。

 行方不明のふたりの少女を探すよう依頼された女性ハンドラーが、相棒のファントム(犬)、息子のベアらとともに捜索をするなかで、過去の行方不明事件やFBIのスキャンダルが明らかになっていく、というストーリーでした。

 

 舞台となるのはアメリカ・バーモント州の山間部。そこには、社会とはほとんどかかわりをもたず、自給自足のような生活をしている大家族(行方不明の少女は、その家長の娘)が住んでいます。この家族のひとりが、元FBIエージェントで、過去に自分の妹を含め何人もの女性を殺した犯人として収監されている人物(本人は無実を主張)。主人公に捜索を依頼してきたFBIエージェントのジャック(ジェイミーとのロマンスの雰囲気もあり)のかつてのメンターでもありました。その人物を、刑務所から無理やり連れだして、捜査に協力させるという荒業?も使いますが、なかなか行方不明事件の捜査は進みません。

 ほかにも、大家族メンバーにあやしい人物がいたり(というか全員あやしい)、FBIエージェント同士のいざこざがあったり、ジェイミーの過去がからんできたり、ベアが大家族によって人質に取られたり(ジェイミーに「必死に」捜索させるため、ということなのですが……無理がある?)と、やや盛り込みすぎな感もありました。

 

 そういう複雑さもあり、前半はなかなか読書エンジンがかからなかったのですが、捜索の場面の描写や、ジェイミーの奮闘する姿にひきこまれて、後半はギアチェンジで一気読みでした。主人公とその息子の特殊能力(ゴーストの声が聞こえる&姿が見える)がストーリーのアクセントになっているのですが、そこが弱かったのが残念な気もします。もうちょっと、ぞくっとさせてくれてもよかったのかな?と。まあ、あまりスーパーナチュラルな部分を強調してしまうと、陳腐になってしまうんでしょうけど。

 

 犬たちの活躍はしっかりと描かれていましたが、できれば、ファントムたち探索犬のことをもっと書いてほしかった! 同じK9翻訳ミステリーのキャラクター、ロバート・クレイスの「マギー」とか、個人的に「推し犬ものミステリー」でもあるマーガレット・ミズシマの「K9ユニットシリーズ」に出てくる「ロボ」には負けるかな……という印象でした。

 

 2月最初の犬本として、次はこちらの翻訳書を読み始めました。

 

愛犬ジゼルとの最後の約束

『愛犬ジゼルとの最後の約束』

ローレン・ファーン・ワット:著 三橋智子:訳

 

 100パーセント犬本です。もう、タイトルからして犬好きは泣けてきそうな本ですね。こういう(「愛犬との最期の日々」といった)テーマの本は「お涙頂戴でどうも……」という読者もいるでしょうけど、わたしは「泣くことも含めた感動体験」をしたくて手に取ってしまいます。読書もひとつの体験ですし、本を買うというのは体験を買うことでもあるのかなと(「モノを買うんじゃなくて、体験を買うんだ」なんて、いま流行りのフレーズみたいですが)。だから、たっぷりじっくり体験したいと思います!


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Bookshelf

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
 
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
The Lost Words
The Darkest Thread
The Snow Child
I Could Chew on This: And Other Poems by Dogs
You Need More Sleep: Advice from Cats