救助犬

(山岳救助犬?)

 

The Darkest Thread by Jen Blood

 

 表紙から想像がつきますが、探索救助犬が登場するミステリーです。アメリカ・バーモント州で少女2人が行方不明になり、ドッグトレーナーで救助犬のハンドラーである主人公ジェイミーと、パートナーのファントム(犬)のところに捜索協力の依頼がきます。この2人の少女の叔母が10年前に殺されていたこともあり、FBIが指揮をとる大掛かりな捜索が行われていました。さらに、ほかの少女行方不明事件と関連している可能性も浮上し……。

 と、背景設定としてはありがちな感じもしますが、主人公とその息子ベアに特殊能力(ほかの人には見えないものが見え、聞こえない声が聞こえる、という霊能力?)があるというところが、この作品のオリジナリティ。著者はベストセラーのシリーズを書いていますが(サイコスリラー系?)微妙に本作とつながっているというか、本作がスピンオフのようです。

 

 前半はなかなか読書エンジンがかからなかったのですが、捜索の場面の描写や、ジェイミーの奮闘する姿にひきこまれて、後半はギアチェンジで一気読みでした。主人公とその息子が持つ特殊能力のインパクトがやや弱い気もしました。もっとぞくっとさせてくれてもよかったのかな?と。まあ、あまりスーパーナチュラルな部分を強調してしまうと、ミステリーじゃなくてホラーになってしまいますが。

 

 ファントムたち探索犬たちの活躍のほうは、しっかりと描かれていました。同じ犬ものミステリーのロバート・クレイスの「マギー」とか、個人的に「推し犬ミステリー」にしているマーガレット・ミズシマの「ロボ」にはまだまだ負けるかな……。

 

 いわゆる使役犬は、犬の鋭い嗅覚を活かして任務にあたることが多いようです。犬の嗅覚や能力がテーマのノンフィクションもたくさん出版されていますが、なかでもベストセラーになった、Inside of a Dog: What Dogs See, Smell, and Know(翻訳版は『犬から見た世界』)の著者アレクサンドラ・ホロウィッツさんが、「嗅覚を活かしてはたらく犬」について語ったラジオ番組を見つけました。

 

NPR:From Fire Hydrants To Rescue Work, Dogs Perceive The World Through Smell

 

 いろんな現場や状況ではたらく犬がいることが、よくわかります。

 ホロウィッツさんの新しい本が出ていました(だいぶ前ですが……)。

 

Being a Dog by Alexandra Horowitz

 

はたらく犬といえば、これもそう?

犬ぞり


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Dog & Animal Books

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
The Darkest Thread
The Lost Words
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
Hunting Hour
Death by Chocolate Lab
The Snow Child
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century
The Wild Robot Escapes
  
The Poet's Dog