robin

(鳥って、正面から見ると愛嬌ありますね……うちの亀もそうですが)

 

 クリスマスは終わりましたが、「自分へのクリスマスプレゼント」という名目(言い訳)で取り寄せた本を、次は読みたいと思います。

 まずはこちら。

 

Dog Songs by Mary Oliver

 

 ピューリッツァー賞も受賞した詩人による、「犬」がテーマの詩集です。挿絵に登場する犬がどの子も愛らしくて、思わずほほえんでしまいます。味のある、繊細なタッチで描かれていて(表紙の犬もそのひとつ)、部屋に飾りたいくらい。

 普段から詩を読んでいるわけではないのですが、どの詩も「犬」を詠ったものなので、感覚で理解できるかな?と。

 

 メアリーさんご本人が、Dog Songsの一編を朗読している映像を見つけました!

 

 

 もう一冊、クリスマスの日に届きました。こちらの作品、届いたときは、何が来たのか?と思うほど箱が大きくてあせりました……

 

The Lost Words by Robert Macfarlane Illustrated by Jackie Morris

 

 本を注文するとき、寸法などは基本チェックしないのですが、この本の大きさには度肝を抜かれました。なんせ「商品パッケージの寸法: 27.7 x 1.5 x 37.6 cm」ですから……。著名な作家とイラストレーターがコラボレーションした、とても美しい作品。「Aは〜のA、Bは〜のB……」と続く、いわゆるABCブック(スペルブック)ですが、深い言葉と、自然をありのままに描いたイラストは、まさしく「大人の絵本」と呼ぶのにふさわしいと思います。

 タイトルの"The Lost Words"は、さまざまな言葉が時代の流れのなかで失われていく(使われなくなっていく、自然から姿を消していく)ことに、警鐘を鳴らす意味もあるようです。「失われし言葉を探して」という日本語のタイトルが頭に浮かびました。

 

 こちらも、著者自ら朗読している映像を見つけました。インタビューのようですが、「言葉」「意味」「名前」といったことに対する著者の思いが語られています。これはじっくり聞きたい!

 

 

どちらも、年末年始にゆっくり楽しみたいと思います!


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Bookshelf

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
 
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
The Lost Words
The Darkest Thread
The Snow Child
I Could Chew on This: And Other Poems by Dogs
You Need More Sleep: Advice from Cats