Snow Maiden

 

 The Snow Childを読了しました。50章以上という長さに読み切れるのか心配でしたが、読んでいくうちに先が気になって、気づいたら数日で読み切っていました。

 

 舞台は1920年代のアラスカ。子どものいない夫婦、JackとMabelは、アラスカの開拓地に移住します。Mabelはかつて死産を経験し、わが子を亡くした悲しみを乗り越えられないまま、長い年月を過ごしていました。そこで、新天地で心機一転、人生を再スタートするつもりでアラスカに移住したのですが、過酷な自然や開拓の厳しさのなかで、交わす言葉も少なくなり、夫婦の心はますます離れていきます。

 そんな重苦しい空気がただようアラスカでの生活でしたが、初雪が降ったある日、童心に返ったふたりは、Snow Childを作ります。この子は女の子だと、Snow Childに赤いミトンとマフラーを着せてやるMabel。すると、不思議なことが起こりました。森の中に、赤いミトンとマフラーをまとい、透き通るような肌と青い目をした、金髪の少女が現れたのです。少女は、おとぎ話に出てくるSnow Maiden(ゆきむすめ)のように冬の寒さを気にすることもなく、野生の生き物のようにしなやかに、風のように森の中を駆け巡ります。

 少女はFainaと名乗り、しだいにJackとMabelと一緒に過ごすようになります。ふたりは自分の娘のようにかわいがるのですが、春が来ると、雪の残る深い山奥へと、Fainaは姿を消します。悲しみとさみしさに包まれる夫婦でしたが、季節がめぐり、再び冬がやってきたとき、Fainaはまた、ふたりの元に戻ってきます……。

 

 白銀のアラスカが舞台ということもあり、幻想的な雰囲気ではあるのですが、わたしはファンタジーというよりヒューマンドラマとして読みました。Mabelの心境の変化や成長を軸に、過酷な環境で生きる人々の人生が丁寧に描かれています。また、Fainaがいったい何者なのか、どうして春になると姿を消してしまうのか、といったミステリーな部分もあります。自然描写も緻密で生き生きとしていて、とくにその野生動物の描写には心奪われました。キツネ、オコジョ、ライチョウ、グズリといった、アラスカならではの生き物たちも登場します。

 

 本作の翻訳書が見つからないので、日本で出版するとどうだろう……と考えてみました。とても美しい話ですが、それを日本語に翻訳して表現するのは難しいかなと(そのぶん、訳しがいはありそうですが)。家族や親子のあり方、生きるうえでの選択、何を大切にするかといった、根底にあるテーマはひじょうに普遍的なのですが、「アラスカの地」に日本の読者がなじめるかどうか……。ラストも、余韻を残す終わり方で、好みが分かれそうです。登場人物は少なく(ここはポイント!)、それぞれがしっかりと描きこまれています。そのなかでも、Mabelをどう訳すか、表現するかで、読者の共感、感情移入のしやすさが変わってきそうです。いろんな角度から読めるので、精読や読書会に向いている作品だと思いました。

 

(こちらの表紙も素敵です)

 

 もう一冊、洋書で読書会をやるならこれ!と思った作品があります。以前読んだ、こちらの作品です。

 

Faithful  by Alice Hoffman

(作品については、こちらの記事で書きました。)

 

 こちらも翻訳書が見当たらないのですが、日本の読者のとっつきやすさからいうと、Snow ChildよりはFaithfulかもしれません。

馬

(馬?ポニー? チェックのコートがおしゃれです)

 

 最近あまり聴けていないNPR(National Pubric Radio)ですが、久しぶりにサイトをチェックすると、2017年のNPR's Book Concierge(2017年のおすすめ本ガイド)が発表されていました。

 サイトはこちら→NPR's Book Concierge

 

 このBook Concierge、本(洋書)のジャケットがずらっと並んでいて、眺めるだけでも楽しい! ジャケットから内容が連想できる本もあれば、意外な本もあり(カーソルを本の上に持っていくと、概要が読めます)、本との出会いにぴったりなサイトです。

 2017年のリストには、何冊か既読の本が入っていました。

 

 Wishtree by Katharine Applegate

 ◆Not A Sound by Heather Gudenkauf

 The Dry by Jane Harper

 

 リストの左側にあるフィルターで、ジャンルやテーマを絞り込んでいくことができるので、とても便利ですね!

 ざっと見たなかでは、こちらの本(ノンフィクション)が妙に気になりました。

 

The Secret Lives of Colour by Kassia St Clair

 

 いわゆる「色」についての本ですね。75色のさまざまな色(Orpiment, Mountbatten pink, Dragon's blood, Mummy……名前を見ただけでも興味が沸きます)の紹介、色がなぜ人間の目に見えるのか、色の歴史、芸術家と色の関係など、さまざまな角度から「色」について語った本のようです。

 犬の服を作ったり、バンドを織ったりするときは色の組み合わせが気になるし、ただいろんな色を眺めているだけでも楽しいので、手元に何冊か「色の本」を置いています。

 これとか。

 

かさねの色目

『かさねの色目 : 平安の配彩美』

 長崎 盛輝:著

 

「かさね」というタイトル通り、日本古来の色の組み合わせや重ね方(十二単など、衣の色をどう重ねるか)が紹介されています。「紅梅」「朽葉」「蘇芳」といった各色の名前だけでなく、その色を重ねたときの名前(「雪の下」「山吹の匂」「花橘」)も響きがとても美しく、平安時代の雅さが伝わってきます。

 

 こちらは色ではなく「格子模様」の本ですが、手に入れたい本の一冊。

 

のしめ

『のしめ《熨斗目》江戸時代の縞・格子・絣事典』

 吉岡 幸雄:著

 

 図書館で借りたことがあり、それ以来気になっている本。時代劇なんかで、すごい(?)柄や色の着物を目にしたとき「いくらなんでも……」と思ったりしていたのですが、この本を見ると、思いのほか派手というか、モダンな柄が江戸時代にもあったんだということがわかります。ふつうに、現代のシャツの柄にできそうなチェックが満載で、目にも楽しい一冊。この本に載っている模様をバンド織りで再現できたら楽しいだろうな!(ストライプはできそうですが、チェックをインクルルームで織るのはちょっと面倒だったりするのですが)。

 こんな素敵なお知らせを見つけてしまいました。

 

 モンターグ・ブックセラーズ モンターグ・ブッククラブ

 

 申し込みたいけれど、まさか「持っている本」「買った本」とかぶったらどうしようという不安もあります(まずないとは思うのですが、刊行から3か月以内の作品をチョイスとなると、可能性はなきにしもあらず)。毎月の書籍代、これ以上増やしてしまうのもなぁ。でも「クラブ」の活動も検討中というのも気になる!

 

 どんどん増える本の置き場所も悩みどころです。洋書はなるべく電子書籍を購入するようにしているのですが(辞書機能も使えるし)、紙の本も欲しいわけで……。

 

たくさんの本

(イメージ画像です。さすがに、洋書はこんなにたくさん持ってないです……が、洋書って、結構サイズがまちまちなので、うまく本棚に入らなくて困ります……)

 

 

本

 

 原書を探すときは、Amazon.comのベストセラーリストやGoodreadsのカテゴリーをチェックすることが多いですが、NPR (National Public Radio)のウェブサイトに「ジャケット買い」にぴったりなページを発見しました!

(NPRとは、アメリカの非営利・公共のラジオネットワークで、さまざまなプログラムが放送されています。)

 

NPR’s Book Concierge: Our Guide To 2016’s Great Reads

 

 ずらっと並んだジャケット写真が壮観! どの本を読むかは、結局は中身(あらすじ紹介やレビュー)で決めるわけですが、たまにはジャケット買いもありかも?

 ジャケットで目を引いた本、気になった本の中身を想像して、カーソルをOnしてみると(ジャケットの上にカーソルをもっていくと、簡単な紹介文が表示されます)、想像とまったく違っていたりして、おもしろいです。

 以前から気になっていた本もちらほら。こちらとか。

 

 

(NPRで紹介されているジャケットとは違うのですが、こちらも雰囲気があっていいなと。)

 表紙にも描かれていますが、「鳥」が出てくるお話(フィクション)です。紹介文を読んだ感じだと、「家族を失った悲しみからの再生」がテーマ?

 積読本が多すぎて、この本がいつ読めるかわかりませんが……。

天使

 

 書評サイトGoodreadsの"Dog"カテゴリーで、つねに"Most Read This Week"に表示されている作品があり、ずっと気になっていたのですが、お盆に読了しました。

 

 

Faithful  by Alice Hoffman

 

 <概要>

 ロングアイランドに住む女子高生のシェルビーは、ある冬の日、車の事故を起こし、シェルビーも助手席に乗っていたヘレンもひどいけがを負う。ヘレネは昏睡状態となり、シェルビーは罪悪感にさいなまれ、心に深い傷を負う。

 事故のあと、シェルビーは家に引きこもるようになり、ドラッグにも手を出して、母親を悲しませていた。一方のヘレンは、意識が戻らないまま、猝しの力を持った奇跡の少女瓩箸靴董国中の注目を集めていた。

 あの事故のとき、シェルビーは狹兄鉢瓩了僂鮓た。わたしは天使に助けられた。でもどうして、ヘレンを助けてくれなかったの? シェルビーの心の叫びに答えるように、一通の絵葉書が届く。差出人不明の絵葉書には、たった一言、こう書かれていた。「気持ちを声に出すんだ(Say something)」

 思い切ってニューヨークに移り住み、ペットショップで働き始めたシェルビー。友達と呼べる人と出会い、辛い境遇から救い出した犬たちと暮らすなかで、温かい感情がよみがえってくる。学校に通い、将来の目標も見つかる。そんなシェルビーのもとに、あの天使からの絵葉書が、一枚、また一枚と舞い込む。求める、見る、信じる、愛する……絵葉書のメッセージに導かれるように、前へと進んでいくシェルビー。その先には、運命の再会――天使との再会――が待っていたのだった。

 

<感想>

 読んでみて、犖いテーマ瓩遼椶任呂覆い海箸傍い鼎ましたが、心に響くストーリーで、一気に読んでしまいました。

 Goodreadsで"Dog"カテゴリーに入っていたのは、シェルビーが犬(猫も)を助ける場面が何度か出てくるからでしょうか。ホームレスに犲囲の同情をひく道具瓩砲気譴討い晋い筺虐待されていた犬を救い出すのですが、助け方がちょっと(というかかなり)強引で、そこは読んでいてびっくりでした。助けた犬の世話をし、命に責任を持つということが、シェルビーを立ち直らせるきっかけになったのでしょう。ニューヨークでのアルバイト先がペットショップで、シェルビーは最終的に獣医を目指すようになるので、犬の存在が彼女の人生を変えたといってもいいかもしれません。

 ヘレンの犂饑廰瓩筺↓狹兄鉢瓩箸い辰拭▲好團螢船絅▲襪瞥彖任發△蠅泙垢、あくまで、シェルビーというひとりの少女の再生と成長がテーマです。ヤング・アダルトのカテゴリーに入れてもよさそう。文体も平易で読みやすく、ストーリーも安定したペースで進むので、少し長めの洋書にチャレンジしたい、一冊読み切ってみたい、という人におすすめしたい作品です。

本と風景

 

 7月30日の日曜日、以前から楽しみにしていた外国の本っておもしろい!のイベントに参加してきました!

 出版記念イベントのほうは、読書探偵作文コンクールの受賞者のお子さん&ご家族も出席されていて、とても賑やかなイベントでした。プログラム最初の、絵本の読み聞かせ、思わず童心に帰りました! 同じ絵本の英語版と翻訳版を、翻訳家の方が読み比べてくださったのですが、あらためて「日本語と英語って違うなぁ」と実感。翻訳はよく「横のものを縦に」と言いますが、絵本だと言葉が少ないぶん、ひとつひとつの言葉が作品全体を左右しかねない気がします。本当に、言葉を磨かないとできない作業です。

 

外国の本っておもしろい

 

 プログラムでは、英語、ポルトガル語、中国語(台湾)、フィンランド語、そしてアフリカという、さまざまな国や地域の言葉を翻訳されている翻訳家の方が、それぞれの言葉や文化のことをお話くださいました。ポルトガル語の絵本に「シナモンの香りがする絵本」があるそうです。シナモン?と思ったのですが、爛轡淵皀→大航海時代のスパイスの交易瓩箸いη愀覆鬚話しいただき、なるほど、と納得。

 

外国の本っておもしろい

 

 中国語の翻訳家の方には、台湾の絵本をご紹介いただいたのですが、イラスト、お話ともに幻想的な雰囲気があって、とても読みたくなりました。会場そばの青山ブックセンターで販売しているということだったので、イベント後に立ち寄ったのですが、もたもたしているうちに、売り切れてしまいました……。こちらの本です。

 

星空

 

 

外国の本っておもしろい

 

 そして、フィンランドの時間には、なんとフィンランドから中継を結んで、現地からフィンランド文学を翻訳されている方にお話いただくという形式でした! いまフィンランドは夏の盛りで、とても良いシーズンだそうです。手芸や工芸が好きなわたしにとって、フィンランドはあこがれの国。いつか行ってみたい……。(フィンランドといえば、ムーミン、だけじゃないんです! もちろんムーミンも大好きですが。)

 

外国の本っておもしろい

 

 最後は、アフリカの文化を音楽・歌・踊りで堪能しました。アフリカは地域によって、話す言語も、もちろん文化も違うようです。歌の歌詞の説明があったのですが、楽し気なメロディ、リズムから想像もつかないような、悲しい(せつない?)内容で、驚きました。これもアフリカのたくましさ、おおらかさなんでしょうか。ダンスタイムがあったのですが、ここのところ、毎日家にこもって翻訳作業を続けていたせいか、体がカチカチでまったく動かず……。

 

 と、本当に盛りだくさんの楽しいイベントでした! プログラムの最初に、「読書探偵作文コンクール」の歴代受賞者の表彰式があったのですが、小学生だったときに受賞して、いまは高校生という方もいて、このコンクールの歴史を感じました。受賞者のみなさんが、「自分の作文が本になってうれしい」と口々にコメントしていたので、聞いているこちらもうれしい気分に。わたしは、絵本や児童書の翻訳者を目指しているわけではないのですが、YAは大好きなジャンルで、ぜひ翻訳してみたいと思っています。イベントに参加されていたお子さんたちが大きくなったとき、手にとってもらえるような翻訳書を翻訳したい。そんな、新たな目標ができた一日でした。

春の花

 

 気づけば、日本翻訳大賞が決定していました!!(詳細はこちら

 わたしは、大賞に選ばれた2作品とはまったく異なる作品に投票したのですが(残念ながら最終候補にもノミネートされず)、『すべての見えない光』を読んだとき(その感想はこちら)、長い長い話なのにどんどん読み続けられるということは、やはり言葉(翻訳)の力なのかなと感じました。この作品が日本翻訳大賞に選ばれて、とてもうれしいです。ほかの最終候補作は読んでいないのですが、いずれも素晴らしい翻訳作品だと思うので、機会があったら読みたいと思います(とくに『堆塵館』が気になります……こうして積読本が増えていく……)。

 ともかく、日本翻訳大賞受賞、おめでとうございます!

all_the_light

 

絵葉書

 

 何を調べていたのかは記憶にありませんが、Amazonでおすすめされたこちらの作品を読みました。

 

その姿の消し方

 

『その姿の消し方』 

堀江敏幸:著

出版社の作品紹介ページ→新潮社

 

 美しい言葉やフレーズが、文学という海のなかをゆらゆらと揺れている。そのなかに浸っているのがとても心地よかった。そんな読後感でした。いくつも、胸に残る・響く言葉と出会えましたし。たとえば、こちらの「読むという行為」についての語り手の解釈というか、思いを綴った文章。

読むという行為は、これはと思った言葉の周囲に領海や領空のような文字を置いて、だれのものでもない空間を自分のものにするための線引きなのかもしれない。詩でも散文でも、この方向で答えを見出そうと読みを重ねているうち、差し出されている言葉のすべてが、しだいにいわくありげな、解釈につごうのよい顔つきになってくる。言葉が思念を誘い出すのではなく、こちらが言葉に幕を掛けたり外したりしながら錯覚を生み出そうとしているだけなのに、私たちはそれをしばしば高尚な読みと称して納得しようとする。

 読むということだけじゃなく、これは出版翻訳にもあてはまることなのかな、と感じました。翻訳をしているとき、作者が書いた言葉を読んで、無意識のうちに、自分の解釈にその言葉を、そして訳文を寄り添わせようとしているんじゃないかと。言葉のうしろにある(作者の、あるいは登場人物の)思念を読み取ろうと努力をするのですが、気づけばこちらの思念に言葉(訳文)を引き寄せようとしてしまっている。そしてその翻訳が活字になって、だれかの目に触れたとき、また同じことが起こるのでしょう。

 翻訳という行為は、翻訳者が原書を読むなかで得た錯覚(その言葉が当初書かれたときに、そこにあったであろう思念をつかんだという錯覚)に頼るしかない。あきらかな錯覚(誤訳)を避け、作品やその言葉の真意に限りなく近い錯覚を感じとるには、どうすればいいんでしょう。読めば読むほど、違う方向へと思念が離れていってしまうこともあるわけで……。本当に難しいです。

 

 この作品には詩が登場するのですが、それがまたなんともいえず、不思議な雰囲気と味わいを持っています。詩って、とっつきにくいな、と敬遠しがちなのですが、だからこそ、その言葉から感じる印象や感覚を素直に味わえる文学の形態なのかもしれません。言葉がそのまま体に入ってくる感覚が味わえます。

模型の家

 

 原書を挫折したこちらの作品、翻訳書で読了しました。

 

すべての見えない光

 

 最後のページを読み終わったとき、こう思いました。わたしは本を読むとき、そのストーリーのなかに「救い」を求めているのかなと。少なくとも、フィクションを読むときは、そこになにがしかの「救い」を感じることができれば、いい読書だったな、と思える気がします。そしてこの作品もそうでした。戦争。早く大人にならざるを得なかった子どもたち。善人が善人のままでいられない時代。登場するすべての人物が、辛さ、悲しみを味わっています。その状況で、少女と少年が出会ったこと、少女が少年に助けられたこと、少年が少女を助けられたこと、そのひとつひとつがこの作品を読むうえで大きな救いでした。とてつもなく悲しいけれど、ただ悲しいだけではない。ハッピーエンドではないけれど、主人公や登場人物たちが前を向いて終わる。そんなストーリーがわたしは好きなんだなと。

 

 読んでいる間も感じたことですが、これだけの長編なのに、無駄だと思える文章が一文もないのに驚きました。訳者の藤井光さんがあとがきで述べられていますが、ひじょうに「磨きこまれた」作品です。執筆に十年を要したということですが、言葉、文章、章立てのどれをとっても、作者のまなざしが行き届いている。ストーリーのなかで「炎の海」と呼ばれるダイヤモンドが登場しますが、ダイヤモンドの原石を切り出して、最も美しく見えるカットに仕上げるように、この作品も書かれた、そんな印象を受けました。

 原書を読むのは挫折しましたが、翻訳書を読んでみて、原書の良さを余すところなく表現した、すばらしい作品になっていると感じました。

パグ

(一瞬、ETかと思った一枚。)

 

 去年、興味をひかれて読みはじめたものの、いろんな理由で挫折している本(主に原書)が結構あります。Kindleのなかや本棚の片隅でさみしそうに出番を待っていますが、望み薄な感じです。翻訳書が出たものもあるので、せめてそちらだけでも読めればいいかもしれません。

 とくにこの作品!

 

all_the_light

 

原書:All the Light We Cannot See

翻訳書:『すべての見えない光

アンソニー・ドーア:著 藤井光:訳

出版社の作品紹介ページ→新潮社

 

◇読了していない理由:とにかく長い! 178章まである!(各章は短いのですが。)気が向いたときに、少しずつ読んでいたのですが、とてもそんなペースじゃ終わりそうにない。本作、日本翻訳大賞の候補作に選出されているということもあり、とにかく翻訳書を先に読もうと思います。

 

 あともう一冊、原書を挫折して、翻訳書が出たものがこちら。

 

 

原書:H is for Hawk

翻訳書:オはオオタカのオ

ヘレン・マクドナルド:著 山川純子:訳

出版社の作品紹介ページ→白水社

 

 切れのある、硬質な文体にてこずってしまい、先に読み進めることができませんでした。あの原文がどんな日本語になっているか、とても気になります。

 

 原書を読んでいると、細かい部分に引っかかって、流れに乗れない、ということがよくあります。翻訳をしていても同じで、それが「メインのストーリー」に対して「枝葉」の部分だとわかっていても、妙にこだわりを捨てきれず、一文にやたらと時間がかかってしまう。(とくに、フィクションだと地の文で、情景描写とか状況説明の文にその傾向があるようです。「ここ、そんなに大事なとこじゃないよね」と思いながらも、ドツボにはまるという……)

 納期があるなかで、これをやってしまうと、本当に時間をかけるべき部分にしわ寄せがきてしまいます。もっと作品全体を見て読む/訳す、これを意識しているつもりですが、難しい……。

 少ない分量の文章(一文だけとか)が上手(っていうのも変ですが)に訳せるだけでは、だめなんですよね……。


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Bookshelf

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
 
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
The Lost Words
The Darkest Thread
The Snow Child
I Could Chew on This: And Other Poems by Dogs
You Need More Sleep: Advice from Cats