水滴

 

 ここのところ、意識してノンフィクションを読むようにしています。そして出会った本がこちら。

 

煙が目にしみる

煙が目にしみる:火葬場が教えてくれたこと

ケイトリン・ドーティ:著 池田真紀子:訳

出版社の作品紹介ページ→国書刊行会

 

 夜寝る前に少しずつ読もう、と思って読み始めると、面白くてぐいぐい引き込まれてしまいました。「葬儀」がテーマの本なので、おもしろい、と言っていいのか?ですが、ときたま顔を出す著者のブラックすぎるブラックユーモアに、笑わずにはいられませんでした。

初めてひげ剃りをした死体のことを、女は死ぬまで忘れない」と、なんだか退廃的なフィクションのような書き出しで始まります。幼いころに目撃した犹爿瓩鬚っかけに、死というものにとらわれてきた著者ケイトリン。大学では中世史を専攻し、「死生観」に関する論文を読みあさり、「魔女裁判」を卒論のテーマに選んだ彼女は、大学卒業後、まさに敵陣に乗りこむ意気込みでサンフランシスコの葬儀社に就職し、火葬技師(そんな職業があるとは知りませんでした)として働き始めます。そこでの体験をもとに、ケイトリンが見た死者や家族の姿、アメリカの葬儀の現実、死に対する意識と、ケイトリン自身の葬儀への思いを綴ったのが、この回想録『煙が目にしみる』です。

 死というものを研究していた方が書いただけあって、さまざまな文化の葬儀や死生観が紹介されていて、読みごたえがありました。日本の「イザナギとイザナミの神話」や納棺師の話も登場します。そうした知識と葬儀社での現場体験をもとに、ケイトリンはついには「葬儀プランニング」の会社を設立し、「葬儀の伝道師」よろしく、精力的に情報提供などの活動を続けているそうです。

 

 ここ数年読んだ本のなかに、同じようなテーマを扱った本はなかったので、貴重な読書体験ができました。テーマに驚かず、読んでみてほしい、と人にすすめたくなる、そんな一冊です。

空と鳥

 

 アメリカで話題のベストセラー、翻訳書が刊行されていたので読み始めました。ちょうど終盤にさしかかったところですが、このまま最後まで一気に読みたいけれど、読み終わるのが惜しい、もっと読んでいたい……そんな気持ちになりました。

 原書はこちら。

 

When Breath Becomes Air  by Paul Kalanithi

 

こちらが翻訳書。

 

いま、希望を語ろう

◆『いま、希望を語ろう』 

ポール・カラニシ:著 田中文:訳

出版社の作品紹介ページ→早川書房

 

 原書と日本語のタイトルが大きく変わっている点、おそらく賛否両論あるでしょうが、わたしは邦題も素敵だと思いました。"When breath becomes air"は、「吐息が空気に変わるとき」すなわち「命あるもの」だった息が、単なる空気となってしまったとき、と「生と死」を暗示しているフレーズだと解釈しています。邦題は原題とまったく異なるといえばそうなのですが、ここまで読む限りでは、著者のポールさんは「死のなかに生を見ていた」に違いなく、そういう意味からも日本語の「希望」という言葉を使うのは間違っていない気がします。まさに、希望を語っているわけなので。

 ポールさんが最初は医学ではなく、文学を学んでいたというところが、文章にも如実に表れています。随所に文学からの引用や、それ自体が文学(詩)とよべるような言葉が散りばめられています。彼は「生物学と、道徳と、文学と、哲学はどこで交わるのか?」という疑問の答えを得ようとして、初めは文学のほうからアプローチしていたわけですが、やがて「真の生物哲学を追及する」ためには「直接体験」が不可欠であるという結論に至り、生死と直接かかわる医学(脳神経外科)の道に進みます。そしてがんに蝕まれ、それまでは患者のものであり、医師として傍らで寄り添う立場であった「死」が自分のものとなったとき、ふたたび文学の世界に戻っていきます。そこに、文学の意義、意味を感じました。ポールさんも本書でこう言っています。

死の意味を理解するための言葉を、自分という存在を定義して、ふたたびまえに進む方法を見出すための言葉を探した。直接体験という特権を得たことによって、文学作品からも、学術的な著作からも離れていたのだけれど、今では、直接体験を理解するにはそれを言語に翻訳しなければならないと感じていた。(中略)前進するために、私は言葉を必要としていた。

 何かを書き記すこと、言葉を綴ることは(そしてそれを読むということも)、生きていることの証なんでしょうね。それにしても、文学の意味を、医師が書いた回想録のなかに見つけることができるとは……意外な出会いでした。

 原文を読んでいないのでなんですが、訳文がとても読みやすく、おそらく原文で表現されていたであろう、ポールさんの生きるということへの真摯な姿勢や、ひとつひとつの言葉を大事にする気持ちが、訳文に反映されているのがわかります。エッセイや回想録といったたぐいの作品を訳したことはないのですが、訳者が自分の主観に流されず、原文から感じとった印象を大事にして、そのうえで訳者自身の言葉で表現する、ということが、ほかのジャンル以上に求められるのではないかと思いました。

 今日はここまでにして、エピローグは明日読むことにします……。

孤島

 

 昨日、日本翻訳大賞に作品を推薦させていただきました。残念ながら、時間がなくて1作品しか推薦できませんでしたが……。

 サイトに掲載されている推薦文を読んでいると、みなさんうまくまとめていらっしゃる。とても参考になりました。

 そのなかで気になった作品があったので、図書館で借りて読んだのですが、手元に置きたくなったので購入しました。

 

Atlas of remote islands

 

奇妙な孤島の物語 私が行ったことのない、生涯行くこともないだろう50の島

ユーディット・シャランスキー:著 鈴木仁子:訳

出版社の作品紹介ページ→河出書房新社

 

 世界の「孤島」を紹介する本なのですが、写真は一切ありません。シンプルなイラストで描かれた島の地図に、短いエピソードやエッセイが添えられています。一見そっけない感じですが、それがかえって想像力をかきたてるので不思議です。子どもの頃、世界地図を見てわくわくしたことを思いだします。

 この本、とにかく翻訳がすばらしいんです。

 ノンフィクションの翻訳を担当してみてわかったのですが、「説明文」を「説明調」になりすぎずに訳すのは、本当に難しい。愕然としました。読者にまわりくどい、もたもたした、読みづらい印象を与えない文になるよう意識しているつもりなのに、なかなかうまくいかない。考え過ぎてよけいに「ややこしい」文章になってしまったり。

 この『奇妙な孤島の物語』の翻訳は、一言でいえば、美しいのです。原文を損ねることなく、かつ、流れるような日本語になっています。そんな翻訳ができるようになるためには、たくさん良質の文章(原書と翻訳の両方)に触れ、自分のものになるよう吸収していくしかない。この本は、まさにお手本になると思います。素敵な本と出会えました。

1

Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Dog & Animal Books

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
The Darkest Thread
The Lost Words
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
Hunting Hour
Death by Chocolate Lab
The Snow Child
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century
The Wild Robot Escapes
  
The Poet's Dog