スイレン

 

 朝からセミが鳴き続ける季節になりました。我が家はすぐ横が山で、昼間はセミ、夜はカエルの大合唱……いよいよ、夏本番ですね。

 そんななか、出版翻訳関連の本をまとめて入手しました!

 こちらと、こちらです。

 

翻訳ってなんだろう

◆『翻訳ってなんだろう?』

著:鴻巣友季子

(ここは、鴻巣先生が訳された『嵐が丘』もあわせ読みしたい!)

 

◆『翻訳地獄へようこそ』

著:宮脇孝雄

(帯に「地獄で仏の実践翻訳ゼミナール」とありますが、ぴったりの表紙ですね!)

 

 分納の納期が迫っている翻訳案件もあってばたばたしていますが、毎日少しずつ読んで、例文などは自分でも訳していければなと。

 翻訳作業をしていて、「この原文にぴったりの訳語・表現はこれじゃない」という感触はあるのですが、その「ぴったり」が自分の中から出てこなくて、毎日くやしいやら、悲しいやら。訳者が違和感を感じるくらいなら、読者はもっと読みづらいはずです。どうしたらこの状態から抜け出せるのか、もんもんとしていたのですが、鴻巣先生の本にヒントがありました。

 それは、訳すとき、「日本語力や文章のセンス」うんぬんで悩むまえに、「原文を読み、原文にコミットする」ことを意識しましょうということです。あたりまえのことなんですが、これがなかなかできない。いま訳しているパートには、抽象的な表現が結構出てきます。そんな表現に対して、こちらも抽象的というか、ひねった訳語をあてたくなってしまって、日本語のほうばかりに気をとられていました。でも、著者がどういう意味でその言葉を使っているのか、そこを落ち着いて、きちんと読み取ることに集中しようと思います。

 

*********

 ふと思いついて、途中放棄したThe Feather ThiefをAudibleでダウンロードしてみました。寝る前にちょっとずつ聴いていけば、読み切れるんじゃないかと(睡眠読書にならなければいいですが…)。

 

 

 鳥本(The Feather Thief)、ネットでフライフィッシングのルアーを検索したりして、気分も盛り上がっていたのですが、リーディングのお仕事が入り(苦手なジャンルを、あえて引き受けてみたら、案の定苦戦)、読書を一旦ストップ…している間に、なんの話だったかな、状態に(汗)

 Kindleのサンプルを数章読んだだけですが、もう一度最初から読む気分になれず、また一冊「とりあえず置いておく本」が増えてしまいました…

 

 積み上げた本

 

 そのリーディングは、なんとかレジュメを完成。うれしいことに、翻訳案件のお声がけもいただきました。アート関連の本で、同じジャンルに属する作品を、これまでに3冊(1冊は文字がほとんどない作品なので、カウントしていいのか?ですが)翻訳しているので、ご縁があるジャンルなのかなと、うれしくなりました。個人的にも関わりの深いジャンルなので、できれば得意分野にしたいものです。アートがテーマの作品となると、基本ノンフィクションになると思いますが、アーティストが主人公のお話とか、『ダ・ヴィンチ・コード』のように美術品が山盛り登場するミステリーとか、フィクションもなくはないですね。

 

 得意分野と胸を張って言うには、もちろんその分野の知識が必要です。専門分野の知識を身につける方法はいろいろありますが、自分のペースで、しかもお金をかけずに学ぼうと、アレを活用することにしました。そう、「海外の無料オンラインコース」です!

 犬関係のお勉強に利用している、Courseraをチェックしてみましたが、ぴったりのコースがない…たまに利用するFutureLearnにもない…そこで、前から気になっていたKhan Academyのサイトを見ると、ちょうどいいコースがありました!ということで、早速ユーザー登録しました。

 Khan Academy、コースがとてもたくさんあって、なかには日本語のコースもあるようです。オンライン上で、無料で勉強ができる機会が増えているのは喜ばしいことですね。

 出版翻訳者として、成功率(自分の訳書として出版にこぎつける確率)は低いものの、積極的に取り組みたいこと、それが「出版社への持ち込み」です。この原書を持ち込むぞ!と決めたからには、「この作品ならではの魅力」や「翻訳書を出す意義」がしっかりと出版社に伝わるような、熱い企画書を完成させなければなりません。

 渾身の企画書(レジュメ)を作成するには、原書を読み込むのはもちろんですが、ジャンルや類書を調べ、作品を相対的に評価する視点も大事。「この本いい!」とどっぷり浸っていると、見えてこないものもあります。レジュメでは、熱く、かつ冷静に、作品を語らないといけない。一歩引くって、言うは易し、なんですよね。

 

 さらに、持ち込みには大きな問題が。そもそも、持ち込みをかけようとしている原書の版権(翻訳権)が空いているのかどうか? これを探るルートは、ゼロではなさそうですが、いち個人には難しいし、時間もかかりそう。版権がすでに動いているかもしれない原書のレジュメを書いても、レジュメを書く練習にはなりますが、出版社に売り込めない。

 そこで、新しい本だけでなく、古い本もターゲットにして原書ハンティングするのがいいわけです。さすがに、出版から5年、10年経っている作品で、まだ翻訳書が出ていないなら、版権が空いている可能性は大きいので(何らかの理由で翻訳書が出版できない、しづらい理由がある本なのかもしれませんが)。テーマが普遍的だったり、時代を感じさせないものだったりと、いま読んでもおもしろいと感じる原書はたくさんありそうです。

 

 それもあって、ここしばらく、出版年のやや古い作品にも注目して、翻訳書が出版されいないかどうかをチェックしていました(もちろん、犬や動物に関する本を中心に!)。そのおかげか、ジャンル全体の雰囲気や傾向みたいなものが少しわかってきたような気がします。

 すべての原書を最後まで読むのは厳しいので、Kindleのサンプルがあるものは読みつつ、著者や作品周辺の情報を収集する、という方法で当たりをつけていたのですが、「これは面白い」「ぜひ持ち込みたい」と感じた作品は、見事に翻訳書が刊行されていました!(単純に読書量が足りなくて、すでに翻訳書がある原書に目をつけてしまっただけかもしれませんけど。)とはいえ、「自分が良いと思う本」と「出版社が出版したいと思う本」にそうズレはないらしいとわかり、ほっとしました。

 1冊の本から、芋づる式にいろんな本が見つかるのは楽しいですが、無限に積読本が増えていくのは困りものです。

 

持ち込みの世界は奥が深い

(持ち込みの世界は、奥が深い)

本棚

 

 先週末は、出版翻訳者のトークイベント、大学院時代の恩師訪問と、なかなか盛りだくさんな週末でした。これぞと思った出版翻訳がらみのイベントには、できるだけ参加するつもりでいますが、なにぶん地方住まいでは、移動時間と費用を考えるとままなりません。なので、今回のトークイベント、参加できて本当によかったです。

 

 トークイベントでは、出版翻訳の仕事をするうえで大事なこと、参考になるお話をたくさん聞くことができました。お話しいただいた先生が実践されている、調べもののやり方や姿勢には、目から鱗がボロボロ落ちました……。結構調べている気になってましたが、全然追及が足りていないと反省しきり。調べたことは、後々自分の財産になる。そう考えると、とことん調べものに向き合っていける気がします。

 

 お話のなかで、先生が「自分は何が好きなのか見つめなおす」「好きな分野・テーマをとことん追求する」「ニッチな分野・マニアな分野でも、本当におもしろければ、読んでくれる人がいる」というようなことをおっしゃっていたのですが、去年くらいから自分でも意識していることなので、なんだか背中を押していただいた気持ちになりました。先生、わたし、犬本をとことん突き詰めます!

 

 お話を聞きながら、いますぐやらなきゃいけない、と強く思ったのは、つねに売り込める原書のストックを持っておくこと。バッグにレジュメを忍ばせておいて、ここぞというときにいつでも取り出せる、そんな状態にしておくこと。そして、チャンスがあればと考えるのではなく、チャンスを作ること。こんなことは、出版翻訳者を志すうえで当たり前なんでしょうけど、できていませんでした。"Chance favors the prepared mind"という言葉もありますが、自分から動かないと、何も始まらないんですよね。

 

 と、盛り上がった勢いで、先生の訳書やら、もともと買うつもりだった本やら、一気に4冊も本を買ってしまいました(それを持って次の目的地に移動したので、地獄を見ました……キャリーバッグにしとけばよかったと激しく後悔)。読みかけの本と、図書館から借りてきたばかりの本5冊で、計10冊の本が机に積みあがっています。移動中と昨日で2冊読了したものの、あと8冊……再来週、読書会をやるので、その課題書も読み返さないと……とはいえ、本にまみれることは幸せなことです。

 

 トークイベントの翌日には、友人たちと恩師を訪問。「訳書が出たら先生に読んでいただく」ことを目標にしていたので、ひとつ夢が叶いました。

(それにしても、学校って、どういうわけか、自分が卒業した後にきれいになるもんですね……ぴかぴかの校舎を見て、なんだか複雑な気分に……)

bluesky

 2018年、新しい年がスタートしました。空を見あげると、雲ひとつない青空が広がっていました!

 

 2017年は幸運にも、複数の作品の翻訳を担当させていただくことができました。これもひとえに、ご依頼くださった翻訳会社、出版社、ご指導をいただいた先生、先輩方、励ましてくれた勉強仲間、そして何より、家族のおかげです。本当にありがとうございました。

 昨年末に思わぬご依頼をいただき、年をまたいで出版翻訳の仕事を進めています。2018年もすてきなご縁があることを願っています。

 

 翻訳書のなかには、異なる国や文化の生活、習慣、考え方、社会、環境、風景があります。本を通して新しい世界に触れるのは、本当に楽しいですし、わくわくします。この「異文化体験」の場=「翻訳書」を一冊でも増やすために出版翻訳をやるんだ、そんな気持ちを年の初めに新たにしました。

 

 わたしの場合、マルチな方向を目指すより、得意分野の知識や理解を深めて強みにしていくほうが性に合っているようです。去年始めたテーマ読書(「犬」や「動物」がテーマの本を探して読む)を続けてみようかと思います。作品を探すのも楽しいですし、フィクションだけでなくノンフィクションも読むようになり、読書の幅も広がりました。今年は、ただ気になる作品を読むだけでなく、レジュメを書く、訳してみるというところまで、積極的にやっていきたいです。

 

 2018年は戌年。わが家のわんこたちにとってもよい一年になりますように!

 出版翻訳リーディングのセミナーに参加してきました。

 ノンフィクション翻訳の分野で活躍されている翻訳家の先生が、ノウハウを惜しげもなく伝授くださり、本当に勉強になりました。

 これまでリーディングのお仕事の依頼があると、「これでいいのだろうか?」とつねに不安を抱えていたのですが、リーディングのやり方自体には問題はなさそう(とりあえず)、ということもわかり、少し安心しました。

 そもそも、レジュメの書き方などにルールはない、と先生もおっしゃっていましたので、形式より中身、ということですね。

 先生のレジュメも拝見し、次にレジュメを書くときはこういうところを盛り込んでいこう、というヒントもたくさんいただきました。

 

 もうひとつ、「レジュメの持ちこみ」にもチャレンジする、これは今年の目標にしたいと思います。

 そもそも、持ちこむ先がなくて(探せていなくて)、これまで持ちこみをしたことがなかったのですが、このセミナーで、持ちこむアテというか、ルートを知ることができたので……

 先生は何冊も出版翻訳のお仕事を抱えていて、多忙を極めていらっしゃるのに、つねに原書を当たり、持ちこみを続けられているとのこと……すごすぎる!

 その姿勢、情熱、努力こそ、どんなテクニックより見習うべきところなんだなと、強く感じました。

 まずは、たくさんメモを取ったので、あとできちんと整理して、学んだことを消化しなくては!

 

夜の滑走路

 夜間の飛行機移動だったので、滑走路のライトがきれいでした(写真はイメージ)。

 

本とノート

 

 出版翻訳のお仕事でいっぱいいっぱいですが、途中になっていたリーディング通信講座の課題も、なんとか進めています。作品については自由選択の課題なので、気に入った本でレジュメを書いていたのですが……

「すっきりとまとまったレジュメにしたい」ということを意識しすぎたのか、なんだか妙に短いレジュメになってしまいました。大切なのは長さよりも、作品のいいところが余すことなく伝わっているかどうか、なのですが、レジュメを読みかえすとどうも自信がありません。わたしにとって共感できることや、心に響く言葉とたくさん出会えたので、いい本だなと思ったのですが、レジュメを書くときはもっと作品を客観的に読まないとだめですね。反省。

「こういうところが好き!」という主張(主観)ではなく、この本は何を伝えたいのか、それがどういった読者に受け入れられるのか(この本を出版する価値があるのか)が書かれていなければ、レジュメの意味がない。いち読者として読みつつも、長所短所を見抜く冷静な視線も必要……頭ではわかっているのですが、まだまだ修行が足りません。

 

 残念ですがこの本は見切りをつけて、別の作品でレジュメを書くことにしました(これがお仕事だったらそんなことはできませんが、課題なので……せっかく添削もいただけるわけだし)。

 どっぷりノンフィクション(科学系ドキュメンタリー)、という作品を選択。既読で、レジュメを書くことも想定してメモを取っていたので、それを確認しながら読み直し。なんとかこちらで仕上げて近日中に提出します。

 

 レジュメを書き始めたころは、ノンフィクションにあらすじなんてあるの? と思っていました。でも、ノンフィクションにも全体の構成、流れというものがある、ということが少しわかってきました。メモを取りながら読んでいると、どうしても細部に目がいってしまいますが……

クリスマス

 

 サンタさんから、クリスマスプレゼントをいただきました……お仕事です! それも2個も!

 まず、年内はないかなぁと思っていたら、リーディングのご依頼をいただきました。ちょうどリーディング課題(通信講座の課題)に取り組んでいたところで、日曜までにはなんとか仕上げて……と思っていたのですが、わからないものですね。

 

 そして、思わぬご縁で、出版翻訳のお仕事のお話が舞いこんできました。自分にとっては意外なところに目をとめていただき、どうですかとお声がかかりました。すでに刊行されているシリーズもののなかの一冊なのですが、今回お声がかかったのが、個人的に縁を感じていて、かつ興味のあるテーマを扱った一冊なので、運がいい、としか言いようがありません。

 原稿を開くと、とてもカラフルで素敵なイラストが満載でした(半分イラスト・写真、半分テキスト、という感じでしょうか)。

 年末年始をまたぐスケジュールになりますが、気合を入れて頑張ります!

森の動物

 

 12月に入ったので、いまやりかけのこととか、年内にやろうと思っていることとかを整理しています。

 

 翻訳の勉強関係はまず、受講中の翻訳通信講座の課題、1つは絶対に年内に、というか来週中に仕上げて提出する。

 それと、参加している翻訳の勉強会の課題は、年末までに下訳を終わらせる。

 勉強会では、いつもやるべきだと思いながら、できていないことがあります…それは訳文を「寝かせる」ことです。訳文の推敲で大切なのは、自分の訳文を客観的に見ること、そして「原文から離れて、読者の目線で読む」ことですが、そう簡単にはできません。そこで、訳文を寝かせ、いったん自分の訳文を忘れてしまう時間を持つわけです。

 たっぷり寝かせるためには、早めに下訳を仕上げておかなければいけない…

 

 積読本(原書)の消化もありました。年末年始、まとまった時間が取れるタイミングで、読めるだけ読みたいと思っているのですが……

 原書を読む力、「読書筋」といえばいいのか、それががなければ、リーディングの依頼があっても、制限時間内に「字面を読む」だけで精一杯になってしまい、深いところまで読みこんだレジュメを書くことはできないんだと、実際にお仕事をやらせていただいて痛感しました。

 筋肉を鍛える方法は、トレーニング(原書をたくさん読む)しかない。そして、読んだ原書の翻訳書が未刊行なら、レジュメを作成する。翻訳書があれば、まとまった量を自分でも訳してみて、訳文を比較する。

 ここまでできて、はじめてトレーニングと呼べるのかもしれません…

1

Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Bookshelf

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
 
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
The Lost Words
The Darkest Thread
The Snow Child
I Could Chew on This: And Other Poems by Dogs
You Need More Sleep: Advice from Cats
Death by Chocolate Lab
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century